人気ブログランキング |

タグ:ボタンインコ ( 1009 ) タグの人気記事

順番待ち

他にも餌入れがあって、しかも中身は同じ物が入っているのに
なぜかダンゴにーちゃんが食べているものがおいしく見えるらしく
ダンゴにーちゃんが食べている餌入れの餌を食べたいもちもち2羽。

だけど、ケージの中ではダンゴにーちゃんが一番偉いので、
にーちゃんが食べ終わるまで、同じこの餌入れで食べることを許して貰えない。
(他の餌入れならば食べるのはokなんですけどね)

だもんで、後ろの止まり木で順番待ち。
だけど、待っているうちにだんだん待ち疲れて眠くなって・・・・。

e0147757_167351.jpg


ダンゴにーちゃん、まだー?





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
by dangobird | 2008-11-27 16:08 | ボタンインコ

ボスの威厳

ヒナが一人立ちするまではインコの母だが、ひとりだちしたからにはこれから私は群のボスである。
ボスであるからにはボスであることをインコたちにわかってもらわなければならない。

鳥に上下関係はないと言われているが、こと群で暮らすインコのような社会性のある鳥には、犬ほどのがちがちではないけれどぬるーく上下関係があるように見受けられる。
ペットとなったインコでも、群になればベテランの鳥の方が先に食事するし、若鳥は後からだ。まったり時間の居場所でもベテランが先にいい場所を確保し、中でもメスが先だ。チビのオスはここでも一番最後になる。

私がボスであることを鳥に示すには言葉が通じない以上ボディランゲージと合図としての『人間の言葉』で鳥たちに知らしめる。

ひとつは私の頭には絶対にとまらせない。でも無邪気な若鳥は平気でのっかってくるので、その時は黙って床の上に降ろす。即刻降ろす。生後半年のダンゴはよほどの事がないかぎり頭には乗らないので、生後数カ月で理解できるようだ。目線は必ず私が上。
ケージの置場所も私の腰の位置より下である。

ふたつめは、放鳥時のおやつ兼ご褒美である蕎の実は、必ずスタンドパーチに止まった時に与える。つまりインコがスタンドパーチに止まらないとインコは蕎の実を貰えないのだ。これは本当はクリッカートレーニングをしたかった私が、クリッカーをうまく使えずかつペットなのでもっと親密な感じでトレーニングしたかったので、クリッカーの代わりに声かけでゲーム風に自分なりにアレンジした方法なのだ。これでインコたちに私の言うことに従って貰う事を学習してもらうわけだ。

やり方はいたってシンプル。
スタンドパーチを指でとんとん叩いて『ここに止まって』とインコたちに声をかけるのだ。言葉だけだとインコには理解しづらいだろうからボディランゲージでスタンドパーチを指でたたくという動作を必ずセットにしている。
ダンゴなんかはもうこれで蕎の実が貰えると思っているから、首をにょーんと伸ばしてこっちを見て、私が蕎の実の入ったケースを持っているとみるとやってくる。もちもちはそのダンゴの様子を見て、ナニゴトかと付いてくる段階だ。

インコたちは無邪気だから、まずは蕎の実入りのケースを持った私の手にとまってくる。私はそのインコたちをパーチに誘導して、再度『止まって』をくり返す。この時インコの名前も入れたり、まあ適当だ。

ここでパーチに止まったら『おりこうさんね!』と、蕎の実1つ。
ダンゴは食べ終わったら、また私をじっと見てパーチに止まっている。おかわりの意志表示だ。パーチに止まっている間はいろいろ話かけながら、でも必ず『おりこうさんね』の言葉と共に蕎の実を1つまた1つと与えることにしている。

もちもちはまだこのゲームがよくわかってないから、食べ終わるとまたわらわらと手に止まってくる。それを一回一回パーチに止まらせて(これがなかなかたいへん)、蕎の実が貰えるシステムと『ちょっと辛抱すること』と『私の言うことを聞かないと蕎の実が貰えない』ことを繰り返し勉強してもらうのだ。犬の『待て』の訓練のようなものだ。

言葉が通じない人間と鳥とのやりとりだが、このゲームは少なくともダンゴや先代のモモは喜んでやっていた。モモくらいになると、私が声をかける前からパーチに止まって蕎の実が欲しいと要求してきたものだ。蕎の実を数粒食べて満足したらこのゲームはおしまい。私は蕎の実のケースをしまい、インコたちはまためいめいが自由に遊び始める。なのでこのゲームは放鳥してすぐの時間がいいように思える。

どれほど効果があるのか学術的なデータはないけれど、私とインコたちがいい関係を保つためにこのゲームは楽しくて交流できてしかもインコたちはおいしい思いができてと一挙両得なのである。

e0147757_20182263.jpg

ダンゴとずんだもちのデート@プレイジム
このずんだの甘えっぷり、どーよ。全く小さくてもオンナだのぅ。





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
by dangobird | 2008-11-26 20:19 | ボタンインコ

テント村

e0147757_13211457.jpg

さあ、好きな物件を選べと(笑)。



e0147757_13215852.jpg

で、新しい黄色のテントを虎視眈々と狙うダンゴなのであった。
ボタンインコは新し物好きである。



これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
by dangobird | 2008-11-25 13:23 | ボタンインコ

バードテント

e0147757_2485451.jpg


ダンゴ へえ、なかなか居心地いいじゃないか。今日からこっちに引っ越そうかな

e0147757_25029.jpg

ずんだ あー、ダンゴにーちゃん、ずるいーーーー! おにーちゃんは自分の三角テントがあるじゃないっ それ、あたしのよ。かわいいドット模様なんだから、絶対あたしのにするのっ
くず  (いいなあ、ボクも欲しいなあ。ちょっと入れてくれるだけでもいいんだけど)
ダンゴ へーんだ。早いモノ勝ちなんだから、これはボクのだよ。

e0147757_2541099.jpg


ずんだ とかなんとかダンゴにーちゃん、言ってたけど、すぐに三角テントに戻っちゃうじゃないのよ。ふーんだ、この隙にあたしが居座っちゃうんだから

e0147757_256325.jpg

くず  ねえねえ、ずんだちゃーん、ボクもー、ボクも入れてええええ〜




三者三様でおもしろいんだけど、延々解決しそうにないので、テントをもうひとつ増設することを決めた母であった。



これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
by dangobird | 2008-11-24 02:57 | ボタンインコ

子守歌

e0147757_3511575.jpg

ボスをがんばっているダンゴも、たまには甘えたいらしい。
珍しくじゃれついてきたダンゴさんであった。

というか、今週も週末は演奏会で帰宅が深夜。
帰宅して、明かりをちょっとつけたら小さい寝言が返ってきた。
ごめんね、あさってからまたいっぱい遊んであげるねと、
心の中で奏でる小さな子守歌。




これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
by dangobird | 2008-11-23 03:55 | ボタンインコ

3羽で同居

なんとなく3羽の関係が安定してきたので、同居に踏み切った。
もちもちが成熟した先の事はどうなるかわからないが、まだ若いし、寒いし、暖房するほうも助かるので、できることならと実験実験。

基本、ダンゴのスタンスは、自分をボスとして扱ってくれるならもちもちがいっしょでも気にしないといった所。
で、ダンゴの言う所のボスとしての扱いだが

1.三角テントとその横の止まり木の定位置はゆずらない
  →テント増設、またテント横でなければ一番上の止まり木に止まってもおとがめな
   しだし、止まり木はケージ内に3本あるので問題なし
2.餌は真っ先に食べさせろ
  →餌入れを増設。大小3つにしたら、まあこれも問題なし

ということなんで、案外お手軽なんである。
ボスって、そんな程度なのね。(^-^;)
e0147757_2355424.jpg

この場所だけは譲らないんだからねっ(キリッ(ダンゴ談)
↑なお、この時のもちもちはいじめられているのでもおびえているのでもなく、ケージに放り込まれた粟穂(ひっぱりすぎてクリップからはずれた)を食べるのに夢中になっているだけである。

空気抜きも兼ねて放鳥もあることだし、これで2日目なんだけど
小競り合いは予想範囲内、大きなケンカもなく、それどころか夜はご丁寧にヒーターのそばで3羽丸くなって寝ているという風景。これでこの冬は乗り切れるんじゃないかなあとお気楽に予想してみる。

後はチビチビくずもちがはじかれなければ良しで。
餌の順番が一番最後なのがちょいと気の毒だけど、そこはこっそり差し入れしたりで飼い主がフォローする。

緊急避難用のケージは用意しておくとして、さてお試しで何日持つやら。

e0147757_2335031.jpg

やっぱボクも食べる!
もー、おにーちゃん邪魔ーーーっ
・・・・もぐもぐもぐもぐ

これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
by dangobird | 2008-11-21 23:11 | ボタンインコ

ダンゴのこと

ダンゴはホームセンター出身のボタンである。

そのホームセンター併設のペットショップはテナントではなく、そのホームセンターが経営しているだけに、ホームセンターの割には良心的な店だった。鳥コーナーは犬猫と完全別室で(検疫上も捕食者である犬猫から隔離されることは精神的にも望ましいですね)、ヒナコーナーはさらにガラスの扉がついた戸棚に隔離してあった。担当のパートさんは動物好きらしく、にこにこしながらせっせと世話をしていて、鳥には詳しくないけれども愛情をもってきちんと掃除してくれていた。おかげでヒナコーナーもとても清潔だった。

そこにいたケセランパサランみたいな、ちんまくて白いふわふわがダンゴさんだった。

4月生まれでゴールデンウィークにうちに来た。
お腹とシッポがほんのり水色であとは真っ白。ちょっと小柄で細かったんで心配したけれど、元気は一倍ヒナ声も大きくて、餌の食べっぷりも申し分ない。でもやっぱり骨格が小さいのか、成鳥になった今でも華奢である。

性格はマイペースでのんびりで穏やか。
怒っても威嚇するか、軽くつつくだけ。
ダンゴさんに噛まれて流血したことは一度もない。ちょっと跡がつくくらいに手加減してくれる。小心者なんだけど、それは穏やかな性質と表裏一体なので仕方がない。
フリースの三角テントと蕎の実と食べたあとの粟穂の茎が大好き。

嫌いなのは自分のケージに黙って手を入れられること。やっぱりオスでテリトリーが大事だから、これも仕方がない。ケージ内のお手お入れはダンゴさんが留守の時にする。
それとひとり遊びに夢中になっているところを邪魔されること。
これはずんだもちが来ても容赦ない。が、嘴で威嚇する位なのでだいぶずんだに見切られて、最近ではずんだもちは堂々と邪魔しに来る。がんばれ、ダンゴ。

もちもちが来てから、大人びてクールだったダンゴさんが急に甘えっ子になってきた。
鳥にも赤ちゃん返りがあるんだと驚愕の事実を知った。なので、蕎の実の消費量が増えた。

e0147757_16554743.jpg


晩秋の換羽で、翼の肩あたりに薄いブルーグレーの羽が生えてきた。ヒナのころはここは真っ白だったが、今ではパイドに。腰は薄いラベンダー、お腹とシッポは水色。襟巻と前掛けは眩しいくらいの白。

夏までいたモモという名前のヤマブキボタンの後ばっかり付いていって、モモにだいぶうざがられていたヒナぴーが、今では3羽のボス格に。小心者なんだけど勇気をふりしぼって(^-^;)ダンゴの上を行く超マイペースな2羽ワガママ大王ずんだもちと天然砲くずもちを取り仕切っている。応援しているぞ、ダンゴ、明日はもっと強くなれる! 



・・・じゃないかと・・・・思うけど、女帝支配の気配が濃厚なんだよなあ。




これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
by dangobird | 2008-11-20 17:04 | ボタンインコ

蕎の実

ダンゴは蕎の実が大好きだ。
蕎の実さえあれば、他は何もいらないというくらい愛してる。
しかし蕎の実だけでは困るので、1日に放鳥時に10粒ほど、餌のシードに数粒程度に制限している。今日もちゃんとスタンドパーチにステップアップできたご褒美に蕎の実をあげていると、忍び寄る黒い影が。

e0147757_155034100.jpg


おにいちゃんナニ食べてるの? あたしもー、ねーねーあたしも食べるーーー!
ずんだもち乱入。
ずんだもち、ようやく蕎の実の皮が剥けるようになったが、剥くのにたいへん時間がかかって、ただただ散らかすだけ。蕎の実の皮は堅くて剥くのが難しいのだ。
ダンゴにーちゃん、蕎の実をけっちらかされるのがイヤであわてて蕎の実を食べまくる。もう、ステップアップはどこかへいってしまったようだ。

その上、皮さえ剥けない、好奇心だけのくずもちが、私の肩から腕に伝って邪魔をしようと虎視眈々と狙っているので、ますますダンゴの食べ方が超高速になっていく。にいちゃんもたいへんなのである。

一触即発の危機で、ついにダンゴが怒りの一喝。
もちもち、すごすごと退散するのであった。

もちもちが大きくなったら、蕎の実戦争が始まるんだろうか。
むおおお。


それにしても、ダンゴさん、翼の羽色が今期流行のパイドっぽくなってきた。
カッコイイぞ、ダンゴ。それともそのうちブルーグレー一色に染まるのだろうか。それもカッコイイからおかーさんは楽しみである。



これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
by dangobird | 2008-11-19 15:59 | ボタンインコ

風呂

e0147757_19103012.jpg

あっれえ? なんで〜?
ナニコレ! ちょっとー信じらんないっ お水が入ってナイじゃないのよ!! サボりよっ ねー、おかーさんっ お水がはいってないーーー!!

と、抗議したのかどうだか。
バスタブ代わりのグラタン皿、今日は寒くて水いれてなかったのだ。
そうしたら、中を覗きこんで水がないと大騒ぎ。
ちょっと待ってよ、部屋があったまったら水いれてやるから。
コドモはちょっとしたことでもたいそううるさい。





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
by dangobird | 2008-11-18 19:15 | ボタンインコ

今朝のできごと

ずんだもちはまだプラケースで寝ているので、夜はダンゴと別居である。
朝になって水や餌や青菜の取り替えが済むと、はれてずんだもちはダンゴのケージに入れて貰える。

今朝も今朝とて
ダーリーーーンッッ 会いたかったのーーー(ずんだ談)
と、感動の再会を果たした。果たしたが、なんだかダンゴがずんだを追い払う。
あれー、仲が悪くなっちゃったのかしら? ダンゴの機嫌が悪い??
と、母が悩んでいるとダンゴが、

シードをむさぼり喰う→青菜を食べる→カトルボーンをかじる→ペレットをつまむ→再びシードをかっこむ


以上をひととおりやったところで、上段のとまり木に止まり、
おもむろにずんだもちにプレゼントをしてやったのだった。








・・・・・ダンゴの男心に母は泣いた。






e0147757_10554865.jpg

珍しく3羽いっしょ。いえね、これでもいろいろチャレンジしてみてるんですよ。



その後のダンゴ・ずんだはもういちゃこらしてますよ。ええ、杞憂ってやつね。




これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
by dangobird | 2008-11-17 10:57 | ボタンインコ

のんびりボタンインコとの暮らし
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31