色男

今日も昨日ほどではないにしろ、やっぱり夏日で
暖かいというより暑い。
秋が夏になったようだ。むうう。
なので、ダンゴも風呂風呂と大騒ぎ。
いつものグラタンココットの水風呂を用意すると、待ってましたとばかりに飛び込む。

e0147757_13541671.jpg

↑ひとっ風呂浴びて、もふもふ状態のダンゴをガン見するずんだの図

一番高い所でディスプレイするのがオスの本能とは言え、
これ見よがしにずんだの前で羽繕いする、いじましいまでのダンゴの見栄とプライド。
ずんだが体格がしっかりしてて頭でっかちで足太っな子なので
なにやらメスっぽいのですが、そのせいかしら。

それにしてもずんだ、目があまりにも真剣。ε=(。・д・。)





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
# by dangobird | 2008-10-22 13:59 | ボタンインコ

内緒話

e0147757_16112452.jpg


あのね、あのね、ないしょのお話なの


だんごとずんだが、なにやらちゅごちゅごみゅごみゅご交信するのだ。
お互い鳴き交わしているのだが、小声でこそこそこそ。
そりゃ、ずんだがヒナで声が小さいということもあるんだろうが
端から見ていると、まるでイタズラ小僧の内緒話。
ちゃんと会話が成立しているんだろうか。
いったい何を画策しているんだか。


ボタン語がわかるといいんだけどなあ。



e0147757_1616614.jpg

黄昏だんご王子。

これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
# by dangobird | 2008-10-20 16:17 | ボタンインコ

オペラな日々

来月からのフルートのお題目はオペラ。
フルートアンサンブルなのだけど、歌手の伴奏を勤めることに相成りまして、オペラペラな日々を過ごしております。

笛の音は、歌手の方々にとって若干高めに聞こえるそうで
あわせにくいらしいのだが、そこはなんとか気合いで乗り切ろうと決心。

オープニングは椿姫のプレリュードから。
おなじみの魔笛やらトゥーランドットやら運命の力やら
なにやら幕の内弁当のようなプログラムで、
話によると、全部ディレクターの趣味による選曲らしい。

・・・ので、ただ今オペラの復習中。
ついでに聞こえるのはずんだちゃんの寝言。
ぐちゅぐちゅなんの夢を見ているのやら。


e0147757_14391677.jpg

今日は何して遊ぼうかな?



ダンゴは頭にツンツン筆毛が出だして
頭がとっても痒いらしい。
しょっちゅう足でかしかしかしかし掻いている。

念のため、ネクトンBIOで栄養補給。
ダンゴはズプリームナチュラルの丸いペレットを
しかもオヤツ程度にしかかじらないので。
モモはなんでもガツガツ食べたんだけどなあ。


今日も夏日。
秋はどこへ行っちゃったんだ?





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
# by dangobird | 2008-10-19 14:42 | ボタンインコ

自己紹介

こんにちは
私の名前が決まりました。
ずんだもちです。よろしく〜。
e0147757_1532380.jpg


でも、お腹いっぱいで
ぽかぽかいいお天気で
もう、どうにもこうにも眠いので

・・・・・オヤスミナサイ。zzz





シロがダンゴなので、どうしても和菓子系にしたくて
考えて考えて
昔、仙台に住んでいた頃、おいしかった記憶のあるずんだもちにした。
センスないのはカンベンしてください。

他に塩飴とかういろうとか候補あったんだけど
全部家人に却下されたんですよ・・・。

こちらこそ、どうぞよろしく
ずんだちゃん。


これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
# by dangobird | 2008-10-18 15:36 | ボタンインコ

男前ダンゴ

ダンゴの羽が抜け始めた。
今年の春生まれのダンゴ、ヒナ換羽だ。

ダンゴはヒナの頃は、お腹とシッポが水色の他はほぼ真っ白。
それが最近、頭はシルバーに、そして翼の肩の部分が
ブルーグレーのシルバーメタリックな、なんとも微妙だけどキレイな色に変化しつつある。
いぶし銀のイイ男になるかも、と期待してみる。

ヒナぴは1日3回の食事。
そのうち昼の部は、ダンゴを思いっきり遊ばせた後、
ちょっとばかりプラケース越しにご対面させている。
ヒナぴはもちろん、ダンゴにもこの新参者を受け入れて欲しいから。

ダンゴはもともとボタンにしては非常に気性の穏やかな子である。
ボタンと言えばかみついて来るというイメージがあるが、
ダンゴがオスであることをさっぴいても、ほとんどかみついて来ない。
かんできてもちゃんと手加減してくれるし、
噛むにはそれなりの理由がある。

ダンゴがいやがるのは、自分のカゴに突然手を入れられることとか
一人(一羽?)遊んでいるのを邪魔されたりすること。
私の肩に止まって、首当たりをちみちみ噛んでくるのは
これはもうダンゴの愛情表現なので
こちらがハイネックの服を着るなり、首にタオルを巻くなり対処すればよろしい。

なので、この気性が穏やかであることに期待して
ヒナぴとも仲良くしてくれないかなあと思うわけで。

e0147757_14253654.jpg


ヒナぴの方は、ゴハンをくれるかも!とダンゴに向かって嘴全開。
ダンゴの方は『コイツ、何者???』みたいに凝視。
今のところ攻撃しない。だいじょうぶかなあ。


e0147757_14282158.jpg

いっぱい遊んだら、お腹が空いた!
ダンゴはお腹がすいたら自分でカゴに帰る。
そして楽しいオヤツの時間。
粟穂とラフィーバのアヴィケーキを貰ってゴキゲン。
たらふく食べたら、嘴ぎょりぎょりしてただ今一人ごとの真っ最中。
ヒナぴもゴハンたらふく食べてお昼寝。
そろそろダンゴも昼寝しそうだ。




これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
# by dangobird | 2008-10-17 14:31 | ボタンインコ

のんびりボタンインコとの暮らし
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28