大村友樹リサイタル

今週は福岡であった大村友樹氏のリサイタル。
e0147757_20371523.jpg

大村友樹氏はザ・フルートカルテットの元メンバー。リサイタルを開くということで福岡へ。

場所は由緒ある博多ルーテル教会。古い建物らしいがたいへんよく手入れされているのでまるで古さを感じない。が、建物の中の梁の太さや木製の椅子などにどことなく時代を感じるいい雰囲気の教会である。
e0147757_2039277.jpg


そんな教会で演奏された曲目はゴーベールのソナタ、マルティヌーのソナタ、アンデルセンのバラードと空気の精の踊りと、どこまでもテクニカルな曲ばかり。ええい、ちくしょう師匠、テクニックすごすぎです。大村らしい華やかでドラマティカルでストーリーあふれる演奏は健在でした。

大村さんは曲を演奏するときにストーリーを作り上げるんですよ。曲にそって『ここで、妖精さんがぽーっと現れてね〜』みたいな。大村さんはその物語を語るように演奏する。従って見事に起承転結が曲の中に再現されていて、それが演奏のドラマティカルな要素の一因かもしれない。

曲に合わせてストーリーを想像する手法は、割とやっている人は多いとは思うのだけど、それを演奏して表現する力量はさすが大村さんならではのものがあって、これほど表現できる演奏者はあんまりいないんじゃないかと思う。あー、堪能しました。

それから特筆すべきは師匠のお弟子さんのおひとりで八木瑛子さん。彼女はまだ中学2年生なのだけど、毎コン全国のなんと1位っちゅーすんごい経歴の持ち主。どんだけー。

若さあふれるのびのびとした演奏はさすが中学生だし、ばつぐんの音の安定感と卓越したテクニックはこれで中学生なの〜〜?って感じで、さすが日本一、すごかったです。聞けば部活は陸上部。日本一は体育会系だったわけで、あの音の安定感は鍛えた心肺からきているのだなあと感心した次第。将来がとっても楽しみなアーティスト、大物の素質十分です。久々に大器を見つけた気分。

あああ、自分がっ 自分の小物っぷりが哀しい。
練習しよっと。
[PR]
by dangobird | 2009-03-30 20:52 | フルート

うっしゃー

最後の1曲決まったーーー
学校唱歌 ふるさと 

うーさーぎ 追ーいし かーのー山〜〜〜〜

て、アレです。
これで衣装にアイロンかけたら準備終わり! がんばるです。
[PR]
by dangobird | 2009-01-18 00:05 | フルート

マタイ受難曲

バッハの名曲、マタイ受難曲。
名曲だが、笛で吹くと
『この曲、無駄に長っっ だるーーーいっっ』
と、わたしたち笛ふきには悪評高かった。バッハだから管用の曲じゃもちろんないわけで、ようするに息次ぎの場所がナイ、フレーズが長い、タメのクレッシェンドで酸欠になる、終わったあとの疲労感が並じゃない。などなどなど。


けれど歌手が入ると、まるで別物。化けた。
無駄に長く感じられた繰り返しが初めて意味を持ったことを知った。
歌がなけりゃこの曲魅力半減どころか、歌なしじゃ曲じゃない。
それにしてもソプラノ歌手の歌のすごいこと。あんな声が出るのは人間業じゃないといつもいつも思う。

バッハは歌が曲の要なんだと思い知った。
[PR]
by dangobird | 2008-11-17 11:20 | フルート

マロ塾

e0147757_20374840.jpg

↑ホントはきれいなフルカラーのチラシがあるんだが無くしてしまって。

私は管で弦じゃないから見学だけだけど、たいへん勉強になりました。
アンサンブルの音の構築の仕方、組立かたが実に具体的で、どうやって曲の背骨となる音を見いだすか、それを繋げるか、鮮やかに指示するお姿に感動。

オケ編は実は指揮者編。
地方の指揮者希望の学生さんにとって、こういったレッスンはなかなか望めないんではないだろうか。タクトの振り方ひとつ、各楽器への指示の配りかたがきめ細やかで、曲の解釈をまるで実演しているよう。演目はベト七。いいなあ、オケ、私もまたやりたくなってきた。

アンサンブルは弦楽の名曲中の名曲、ヴィヴァルディ四季の春。
マロ様のソロ聞き放題で有頂天な自分。イタリアらしく自由で遊びがある曲がマロ様によく似合うですよ。メンバーは選抜だが、やっぱり学生さん(それも中高校性)が中心。
なので、解説が初心者向けに易しくわかりやすく、アンサンブル入門というかクラシック入門。スコアとはこうして見る物だと今更ながら思いました。全体を見る(聴く)力がとても重要なのはわかっているが、それを実行するのは至難の技。まだまだ精進せねばーー。


まる一日、ホールで過ごしたのに、ちっとも退屈しなかったということは、ぢつはとてもとてもすごいこと。『規律の中に極限まできっちりと自分をしばっていけば、そこからようやく自由が見えてくる』は至言。つまりは、メトロノームでの基礎、怠ってはダメですよってことなんだが耳がイタイです。ナニゴトも基礎が一番大事。

 ・・・・明日から基礎増やそう。くくくくく。
[PR]
by dangobird | 2008-11-02 20:50 | フルート

ずんだもち・くずもち

声楽のひとはピアノの伴奏だから、平均律のほうに慣れているのかなーとか
ちょっくら思った次第。
しかし、身体が楽器というのはすごいです。
体型も楽器のうちなんだなあと感動。
日々変わる体調なのに、ある程度一定の声を維持するということは
並大抵ではないと思われるわけで。


さて。



e0147757_1672694.jpg

こっちがずんだもち。




e0147757_1691872.jpg

こっちがくずもち。

なんとかなくずんだもちのほうが、首回りというか後ろ頭がずんぐり
しているような気がしません? 気のせい?
メスのほうがどっしり感があるわけで、くずのほうが体型がすっきりしている
ようなしてないような。

羽の色は、ダーク因子がシングル(くず)でコバルト、ダブルでモーヴに
なるらしいです。スタンダード種(黄色が発色 いわゆるノーマル)でダーク因子があると、オリーブと世間一般で流通しておりまする。
常染色体優性遺伝なのかなー。
でも、たとえばコザクラのシーグリーンみたいに他のファクター(因子)とも連動しているようで、そのへんは私の手持ちの情報ではわかりませぬ。

ところで、ダンゴ兄貴。
もちもちデュエットとナマ対決をさせようと、放鳥したところ
私がずんだやくずを手に乗せて、ゴハンをやっていると、おもむろに
私の手に乗ってきて、ちみ噛みを始めるわけです。
本気じゃないから『いたっ (^-^;)』くらいだが、
ちみちみやられるとずんだとくずの食餌が進まない。
で、写メもプラ越しになっちゃったんだけど。

・・・・・それってダンゴ、牽制してるのかい? むおおおお。



と、ここまで書いて、
ダンゴがカゴに帰ってから写メ撮ればよかったんだと気が付いた。
遅いよ、自分。



 追記
アメリカのブリーダーさんみたいですが、ここにhttp://california-fischer-lovebirds.com/love_bird_genetics.htmダークファクターは不完全な優性遺伝だとありまする。そんな気がするですよ。

これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2008-10-27 16:27 | ボタンインコ

オペラな日々

来月からのフルートのお題目はオペラ。
フルートアンサンブルなのだけど、歌手の伴奏を勤めることに相成りまして、オペラペラな日々を過ごしております。

笛の音は、歌手の方々にとって若干高めに聞こえるそうで
あわせにくいらしいのだが、そこはなんとか気合いで乗り切ろうと決心。

オープニングは椿姫のプレリュードから。
おなじみの魔笛やらトゥーランドットやら運命の力やら
なにやら幕の内弁当のようなプログラムで、
話によると、全部ディレクターの趣味による選曲らしい。

・・・ので、ただ今オペラの復習中。
ついでに聞こえるのはずんだちゃんの寝言。
ぐちゅぐちゅなんの夢を見ているのやら。


e0147757_14391677.jpg

今日は何して遊ぼうかな?



ダンゴは頭にツンツン筆毛が出だして
頭がとっても痒いらしい。
しょっちゅう足でかしかしかしかし掻いている。

念のため、ネクトンBIOで栄養補給。
ダンゴはズプリームナチュラルの丸いペレットを
しかもオヤツ程度にしかかじらないので。
モモはなんでもガツガツ食べたんだけどなあ。


今日も夏日。
秋はどこへ行っちゃったんだ?





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2008-10-19 14:42 | ボタンインコ

小鳥はとっても歌が好き

と童謡にあるように、ダンゴももれなく歌が好き。
午前中でお天気がよいと、もうハイテンションで囀りまくる。

私はぐーたら生活している他に、笛を吹いている。
定期公演なんぞやったり、結婚式やパーティのBGM係とか地方公演とか幼稚園などの出張演奏会とか細々と小遣い稼ぎもできたりする。

次の演奏会のお題目は、ディレクターO氏のコレクション(コネクション?)で、八木澤作品のフィオリトゥーラと風の戯れである。こいつの2nd担当なので(ほらほら、サビでとってもオイシイパートですよ)、ディレクター氏のツラ汚しにならぬよう精進しているわけだが、これがまたダンゴの競争心を煽るようで、こっちがぴーひゃら吹けば、ダンゴもひるるるると鳴き返す。笛とボタンの饗宴。どうもフルートの音域とは、ボタン心に響くらしく、それはそれはとってもやかましい。
・・・イナカの一軒家でヨカッタと思う今日び。
e0147757_21424591.jpg

↑ゴキゲンダンゴ王子。


クレーの黄色い鳥のいる風景は、私の大好きな絵のひとつである。
不思議な雰囲気の庭園の中を、重力無視の小鳥が楽しそうに戯れている絵なんだが、
私がモモを選んだ原点はここだったかもしれない、と、今日思いついた。







これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2008-10-15 21:53 | ボタンインコ

のんびりボタンインコとの暮らし
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31