sampler #6 完成

e0147757_21491573.jpg


なんとかできたーーーー! 間に合いました。明日、展示出品手続き行きまする。大きさは110cm*140cm
意外と大きい。


e0147757_21501074.jpg


最初からサンプラーにすると知っていたら、もちょっと色なんか統一できたかもしれないとは思いましたが、なにせ習作ですし、ワゴンセールのハギレでもやりようによってはなんとかなるということで。

e0147757_21513827.jpg


習作なので、いろいろ遊びも入ってます。謎生物(インコのつもりなんだけどよ)がいたりとか、刺繍もしてみたりとか。

e0147757_21522275.jpg


キルティングもオリジナル。



これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2010-09-13 21:53 | キルト

sampler #5

トップ完成。


e0147757_23364335.jpg


サイズ110cm×140cm。思ったよりでかい。


e0147757_23373990.jpg


『ぴきゃ!』


e0147757_23381133.jpg

ええええ!?





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2010-08-03 23:38 | キルト

sampler #4


e0147757_2095158.jpg


両脇のボーダーをつけてみました。
なんとなく完成図が浮かんできません?

e0147757_20105454.jpg


夢見るインコ。





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2010-07-23 20:11 | キルト

sampler #3

生地合わせ。
手持ちの中からチョイス。


e0147757_22194941.jpg


なんだか緑系が暗いよーな気もする…
もう少し明るめの緑を探そうと決心。





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2010-06-25 22:21 | キルト

sampler #2

サンプラーを作るということはつまり、ラティスやボーダーも必要なわけで、そうなるとそのデザインも考えなくちゃと図案の原案をねりねりねり。

PCでぱぱっと作っちゃうかたも多い昨今、わたくしめ、どうにも原寸でないといまいちイメージが掴めないので、昔ながらの切り貼り作成でございます。めんどくさいので目盛り入りの方眼紙に色画用紙でちょきちょきぺたぺた。

e0147757_22482793.jpg


色なんかも大雑把なイメージなので、実際は布切れ並べてみて変更する可能性大です。2号が小鳥さんもいれてというんで小鳥さん。なんとなく体型がボタンインコな小鳥さんなのは、毎日見ていて小鳥と言えばインコ体型と刷り込まれているせいだと…思います。ほっそりしたことりさん描くにはちゃんとモデルか写真見ないと無理っぽかったのです。ソラで描けるのがインコって、因果だ。


e0147757_22504437.jpg


ブロックごとにできあがったら実際に並べてみて、遠くから見たりナナメから見たりでバランスをみてみます。いろんな端切れを持って来てぺたぺた貼ることもあります。PCだったらテキスタイルをまんまスキャンして張り込むという手もありますね。

たぶん、こういうところでいいだろなーと思えるとこまでできたら師匠に見てもらって、合格したら布切れを切ってアップリケ。合格するかな? 合格するといいな。



e0147757_22532145.jpg


↑今日のモデル兼監督兼おジャマ鳥








これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2010-06-23 22:54 | キルト

sampler #1

もともと今のアトリエに通い出したのは、お針子の基本とピースワークの基本を学ぶためだった。ほんのちょっとした糸の始末とか布の扱いかたで仕上がりが格段に違うし、そういった『ちょっとしたこと』こそにむしろ素人は気がつかない場合が多いからだ。

てなわけで、基本中の基本ベーシックコースでパターンを教えてもらうことにしてせっせとお針子をし、たまったピースが12枚。それをみた師匠がこれをサンプラーに仕上げようとのたまった。どうせなら大物パッチワークの仕上げかたも覚えておけということらしい。

e0147757_21533484.jpg


私は慌てた。

サンプラーにする気なぞ頭の片隅にもなく、ただ好き勝手な色を気ままにつなげて来ただけだし、何しろ使っている布が、それこそワゴンセールの1カット100円とか1束500円とかの特売ものだし(すみません、師匠、私アトリエの売り上げにちっとも貢献してません)、それより気ままさが災いして12枚のピースの色の傾向とか配色とかてんでバラバラなのである。

うちの師匠はそういうとこにあんまり商売っ気がなく、いや、フツーならアトリエオリジナルのキットなどのセットものを教材にしてやる所なんですけどね、端切れの復活という点じゃまさに安物端切れのサンプラーなんざ王道そのものですが、いったい全体これをどーひねくってまとめればいいのか。

今じゃアースカラーだのトープカラーだの中間色の粋でオシャレなものがはやりで、きんきらぺかぺかはあまりはやらない。なんでこーも配色がきんきんなのかというとセールになる端切れというのはたいていそういうもんばっかりだからで、ようするに反物では売れ残りの布、はやらないカラーなのだ。


e0147757_221194.jpg


ただ唯一の救いは、トープカラーというのは実は激しくセンスが必要なシロモノなので、かえってこういうきんきら派手派手の方がボロを隠し易いということだ。トープカラーってね、フツーの凡庸な感覚の持ち主が手を出すとただの地味なボロ布になってしまうのよ。いろんな教室の、展覧会だのなんだのを見て来て、やっぱりそう思う。色味が色味だけにどこもこれも同じような布巾になってしまっているのをみて、トープカラーが生きるためには相当な経験と感覚が必要なのだと確信している。


でもさ、コレ、どーしよ。
どーしよといいつつ、ちまちまとまとめはじめているのだけど、果たして成功するのか。
行き当たりばったり、こいつは度胸の問題だね、やってみようじゃないかとカラ元気してみるけど。





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2010-06-18 22:08 | キルト



e0147757_13195453.jpg



54×39 cm
手法 ステンドグラス
テキスタイル アボリジニ文様モチーフ


作るならやっぱり鳥だよねえ。ってんで、鳥。
オーストラリア地元民のアボリジニー族の伝統的な文様がモチーフのテキスタイル仕様。
ユニークな文様なのと、布の部分部分でがらりと表情が変わる、いわゆる表情豊かな布なので、
布のどの部分を使用するかかなり悩む。ボツになった布切れ数枚…。
民族調でもオセアニアンは珍しいと思う。





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2009-11-02 13:23 | キルト

ひな祭り

本当はセルティックキルトをやってみたくて始めたキルト。
裁縫のさの字も知らなかったので、どこかシンパシーしそうな師匠を探して門戸を叩いたのが1年前。ようやく『作品』らしきものができたので記念ぱぴこ。


e0147757_19453338.jpg


師匠から出されたお題が折り紙風の着物。これは師匠のオリジナル。
これに合う土台を制作ってことで、構想ねること1ヶ月。

…1ヶ月。

次にPCの前であーでもないこーでもないと図面をいじくること更に1ヶ月。

こんなにちっちゃい作品なのに…。

物作りって構想している時が一番時間かかりません? え? そうでもない? しくしくしく。

実際に縫い始めるとあっという間に、つまりは1週間くらいでできあがっちゃったりする。実際の作業は楽しいし得意だから早い早い。一応オリジナル。イメージはひな祭り。

なんか当初のセルティックからどんどん違う方向へ行ってるが、楽しいからいいか。
[PR]
by dangobird | 2009-02-06 19:52 | キルト

のんびりボタンインコとの暮らし
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30