「ほっ」と。キャンペーン

バラのキルト

キルトフェスにて展示していた作品が戻ってきたので全体図を写真撮影しました。
e0147757_22451672.jpg
120cm×120cm
素材:綿布、綿レース
アイリッシュチェーンのバラのキルト

e0147757_22472064.jpg
制作にかかった時間はおおよそ3ヶ月。それほど大きなものではないのですが、時間かかりました。キルティングがすごくたいへんだったんです。モスクのモザイク風な、アラベスク風な、そんなお花のキルトラインが随所に入っています。

e0147757_22504734.jpg
制作にあたっては色々と制約があって、だもんでキルトラインだけは思いっきり好きにやってしまいました。やりすぎて自分の首を絞めたんですよ。わかってますってば。

e0147757_22530800.jpg
ういろうはやっぱり灰色頭のまま。
で、このごろ春めいたせいか、ちょっと飛行機ポーズとった瞬間があったんです。女の子なのかしら。パパっ子なのは女の子だから? 感動したというか、メスだとファザコンになるっぽい事に衝撃受けたり。でもほんの一瞬であとはまだまだお子様なやんちゃっぷり発揮してました。


インコモチーフで雑貨作ってます

これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2015-03-30 22:57 | ボタンインコ

ひとやすみ

キルトフェスティバルが無事終了しました。たくさんのお客様に来ていただけてテレビ等の広報もがんばったかいがあります。ありがとうございました。
e0147757_23363266.jpg
ブースの入り口に飾らせていただけた新作のバラのキルトです。かねてからやってみたかったアイリッシュチェーンに変則四角、ボーダーのキルトラインもオリジナル。デザインの発案から下図を経て完成形のパターンまでトレース台の上で鉛筆握って冷や汗かいてました。パソコンで描くことも考えたのですが、フリーハンドの歪みも捨てがたく、結局ボーダーのキルトラインは全面フリーハンド。おそろしく時間がかかりましたよ。なんというか、これほどキルト漬けになったのも久しぶり。それでもお褒めの言葉を社交辞令が入っているとはいえ、言っていただけると嬉しさもひとしお。やってよかったです。
e0147757_23440546.jpg
これはこうの早苗さんデザインのフレームワーク。制作は私。刺繍部分などにちょっと私流の改変が入ってます。きれいなレースとベルベットのリボンはこうの早苗さんならではのもの。私んちがこういうフレームが飾れるようなおしゃれなおうちだとよかったんだけどー。ただいま私の家は片付けもそこそこのごちゃごちゃです。油断するとハギレが服にくっつきます。明日から大掃除だわ。

インコモチーフで雑貨作ってます

これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2015-03-24 00:07 | キルト

出展

こっそりひっそり片隅に出品します。

e0147757_22461694.jpg

私の師匠のブースにひっそり…
いつもの、とはだいぶ作風が違って華やかな花づくしの奥様サロン風のブランケットです。花でいっぱいに埋め尽くしています。やっぱり、なんですか、ニーズに合わせて作風を変えるってのもまた新鮮ですし、主催側の要望も大切ですし。個人的にはこういうどっかーんと華やかなのも好きです。すごく楽しい。で、今修羅場ってます。

前売り券、ご希望の方がいらっしゃいましたら、鍵コメとかメールでご連絡ください。下っ端ですが、ご用意できます。



インコモチーフで雑貨作ってます

これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2015-01-29 22:51 | キルト

星の海

やっと編み上がったレース、ローズガーデンというタイトルなんですが、なんだかきらきらお星さまが輝いているように見えてきて青い布の上で写真を撮ってみました。
e0147757_23485120.jpg
100番の細い糸で編みましたからその分苦労も多くて。でも、できあがったら我ながらキレイにできたとにんまりしてます。編んでいるときはあんなに『もうこりごり!』と思っていたのに、できあがったら次に何を編もうかと考える自分。懲りてません。
e0147757_23575022.jpg
スマートフォン用のキャリーケースもできあがりました。ストラップは付け替えが可能です。長いストラップで首から下げることもできます。



インコモチーフで雑貨作ってます

これからもどうぞよろしく にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2014-08-21 23:59 | タティングレース

憧れのミシン

昔から憧れていて、まだ憧れているんですが買うに至っていないミシン。ベルニナ社のミシンです。早い!綺麗!高い!の三拍子。

早いのはもちろん、縫い目の均一さと糸の張り具合の美しさは世界一。さすが頑丈な金属垂直釜のミシンです。メカニズムを作ることにかけては世界トップのスイスの職人芸がしっかり現れていると思います。
 …だからお値段も超一流。私にとっては、ですが、狙っている機種でも付属品その他あわせれば50万越えそうですし、それでもベルニナ社のミシンでは中堅の下で、トップクラスだとその金額で車が買えます。それでもミシン買いますか? と自問自答して今に至っているわけで。

で、そんなミシンですが、なんと触れる機会があったので行ってきました。と言うか、無料体験のコースです。
e0147757_00361342.jpg
体験自体は誰でも簡単お手軽に作れる巾着袋の作製ですが、なんといっても最新機種にさわれるー!ミシンのアレコレをかなりコアにつっこんで質問できるー!とすごく嬉しくて楽しみに行ってきたのでした。

さすがに8シリーズはなかったですが(ちょっと残念)主力商品である6シリーズと5シリーズをいくつも使ってみることができて、ついでにおさえもそれはたくさん体験させてもらえました。

内蔵コンピュータでどこまで制御できるか? とか、刺繍データの制作プロセスとか、パワーの限界とか、上糸下糸の制御とか、送り歯の性能とか、おさえの種類なんかも、もう質問しまくりで。そのたびに試作品がぞくぞくと裏の倉庫から出て来る出て来る。インストラクターのかたのミシンの性能の限界に挑戦しました!みたいな超絶な作品の数々にまた話が盛り上がりまして、なんだか2時間近くしゃべっていたとは思えないくらいあっという間の時間でした。

刺繍はいいんだけどやっぱりQE欲しいかも。
悩ましい。



インコモチーフで雑貨作ってます

これからもどうぞよろしく にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2014-06-27 00:45 | キルト

小鳥をつくる

我が家の庭にはいろんな野鳥さんたちがやってきて、そう今は鳥さんがたの恋の季節。いろんな野鳥さんたちのラブソングが無料で聞けちゃいます。それはもう朝から昼過ぎまで賑やかです。ツバメやモズやムクドリや、それから名前もわからない誰かさん。さえずりで鳥の種類がわかるようになったらいいんだけどなあ。

そんな小鳥ソングを聞きながら、私は私で小鳥さんを作っています。
e0147757_00010437.jpg


ことりさんのサシェです。いろんな色で、いろんな組み合わせでたくさん作りました。小さいの大きいの、大きさも違ったり。
小さいのはちょっとしたプレゼント用に個人的に使おうかな、と思って作ったものです。大きいもののいくつかは十鳥都に並びます。その他はチロリさんやバザー用に。マグノリア(モクレン)の香りです。

それからスマートフォンのケース。あれも色違いで2つばかり作ってみようかと思いました。ずいぶん悩みましたが、やっちゃえ! みたいな。で、今、しこしことヘキサゴンのピースを作製中。とにかく手が遅いので時間が足りなくて。あと手が8本欲しい!!!!

e0147757_00062188.jpg
そしてやっぱりいちゃいちゃインコ。もう言う事ありません。


インコモチーフで雑貨作ってます

これからもどうぞよろしく にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン



[PR]
by dangobird | 2014-05-08 00:07 | ボタンインコ

ととちゃんのバッグ

私の脳内に生息しているボタンインコのととちゃん。
いつも飄々とマイペース、ゆったりのんびり頑固に生きているというイメージ。
そのととちゃんをバッグにしてみました。

e0147757_23561013.jpg



刺繍もいつものクロスステッチではなくて、ふつーのほんとにふつーの刺繍にしてみました。
よろしかったら十鳥都でご覧くださいませ。




ととちゃんバッグはこちらから↓




これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2012-08-19 23:57 | キルト

ひまわり娘

で、ごちゃごちゃ試行錯誤しながら製作中。

e0147757_2229025.jpg


なんか覗いてます。





お店始めました




これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2011-07-22 22:29 | キルト

ボタンインコのポーチ

ちっさいキルトのポーチ。縦10cm横15cmマチ5cmくらいです。フェルトのボタンさんに友情出演していただきました。

e0147757_2237963.jpg


正面からみるとこんな感じ。

e0147757_22374644.jpg


ころんとしたキャラメル型をしています。

e0147757_22384211.jpg


ボタンインコの刺繍付き。どすこい村雨体型のボタンインコになっちゃいましたよ…。



これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2011-06-12 22:39 | キルト

ライセンス

今月いっぱいは本職が追い込みなのでキルトは小物をぼちぼちなんですが、こんなワタクシでもちょっと作品を置いてみないかと言われることもありまして(ほんとにちょっとですが)、そんじゃま小品くらい置いてみて、まずは世間様の反応を伺おうかと野望をいだいております。

で、世の中には作品を作ってそれを商売にしちゃいけない生地というのがありまして、よくあるのはキャラクターもので、つまりは商標とかライセンスとか使用権利とかが絡んでくる訳ですね。著作権等を持っている所に使用料をお支払いすればすんなり解決なんですが、超零細なワタクシがそんなパテント料なんざ払えるわけがなく、しょうがないからそういう生地は使わないことにするわけです。

キャラクターものはそれでもわかりやすいんですが、テキスタイルデザイナーさんの名前(あるいはアトリエ名)をブランドにしている生地とかも実はダメだったりするので、ソレイヤードとかキャスキッドゾンとかなんですが、どこでどうひっかかるかわからないので、使おうと思っているメーカーの生地はやっぱり一応ゆるゆると確認していっているわけなんです。

リバティは使用権を持っている日本のメーカーがプリントした生地はダメっぽいんですが、ロンドンでプリントした生地は外国である日本でのパテントを取り締まる法律がないとかで、限りなくグレーだけどとりあえずセーフ?みたいな話もあったりして、でも作品になったら厳密に検査しないと生地が日本産なのかイギリス産なのか区別つかないし、自分自身をグレーに見られるのもなんだかなあと思うので、避けた方がいいようなケースではあります。


e0147757_23523317.jpg


こそっと作っている小物の生地は米国製でして、たぶんだいじょうぶだろうなーと思えるものです。米国はキルトが盛んですから、キルトに適した大きさに裁断された生地セットがよくあるんです。生地の形も正方形から9インチ程度に反物を切ったのや細長いものやいろんなタイプがあります。クォーターバンドルとかジェリーロールとかレイヤーケーキとか呼ばれているセットです。たいていメーカーや生地屋が相性のいい色を彩りよくセットにしてくれているんでさくっと物を作りたい時はこのセットを選ぶとものすごく楽です。

上記の写真のキルトはジェリーロールと呼ばれる細長い切れ端のセットで、ストリングス系のキルトを作るときは裁断をほとんどしなくてすむのでめちゃくちゃ楽ちんです。だからいい柄や色のセットを見つけるとつい小躍りしてしまうくらい嬉しいのです。毎月、怒濤のように新柄が発表されるので気に入った柄を逃さないようチェックだけはがんばっております。


これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2011-06-10 00:00 | キルト

のんびりボタンインコとの暮らし
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28