氷のような あなた様

個人的に、セットと衣装がとんでもないことになりやすいベスト3に入るトゥーランドット。残りは蝶々夫人とアイーダ。アイーダはアフリカでまだヨーロッパに近いせいか、近年だいぶマシなったような気がする。
しかしアジアはあちらさんにとってまだ未知の大陸らしい。

でもトゥーランドットの曲は大好きだ。『氷のような〜』は特に和声の移り方がとてもとても美しい。
たとえフラットが6個ついていて、すっごーーーーくめんどくさくても好きだ。
そんなあやうい伴奏に全く影響を受けずに堂々と歌えるソプラノさんはもっと大好きだ(笑)。

タイトルはリューという名前の侍女のアリア。

地の果てのお話と言えば『運命の力』もそうで、こっちは南米。
登場人物がみんな昇天してしまうなんともエグイお話。人種問題に人権問題がてんこ盛りで、よくもまあ出版できたなあと思う社会派オペラ。
レオノーラのアリア、『神よ平和を与えたまえ』の伴奏なんだけど、〆の駆け上がるスケールを歌に合わせるのがいまだにヘタくそだって愚痴。明日も練習だ(号泣)。
[PR]
by dangobird | 2008-11-30 02:31 | ふつーの生活のこと

オペラな日々

来月からのフルートのお題目はオペラ。
フルートアンサンブルなのだけど、歌手の伴奏を勤めることに相成りまして、オペラペラな日々を過ごしております。

笛の音は、歌手の方々にとって若干高めに聞こえるそうで
あわせにくいらしいのだが、そこはなんとか気合いで乗り切ろうと決心。

オープニングは椿姫のプレリュードから。
おなじみの魔笛やらトゥーランドットやら運命の力やら
なにやら幕の内弁当のようなプログラムで、
話によると、全部ディレクターの趣味による選曲らしい。

・・・ので、ただ今オペラの復習中。
ついでに聞こえるのはずんだちゃんの寝言。
ぐちゅぐちゅなんの夢を見ているのやら。


e0147757_14391677.jpg

今日は何して遊ぼうかな?



ダンゴは頭にツンツン筆毛が出だして
頭がとっても痒いらしい。
しょっちゅう足でかしかしかしかし掻いている。

念のため、ネクトンBIOで栄養補給。
ダンゴはズプリームナチュラルの丸いペレットを
しかもオヤツ程度にしかかじらないので。
モモはなんでもガツガツ食べたんだけどなあ。


今日も夏日。
秋はどこへ行っちゃったんだ?





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2008-10-19 14:42 | ボタンインコ

のんびりボタンインコとの暮らし
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31