ふるるるるっ

嬉しい時のご挨拶、しっぽふるふる。


放鳥してインコたちが遊んでいる間に、ケージにオヤツを用意しておく。
そうするとお腹を空かせてケージに戻って来た時に、オヤツを発見してインコたちは大喜び。
扉前で必ずシッポがふるるるるっと揺れる。



e0147757_23504612.jpg


今日のオヤツは何かな〜〜?







これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2009-12-19 23:51 | ボタンインコ

初雪

さきほど今年最後の笛の打ち合わせを終えて帰宅途中、ちらちらと降ってきました。

初雪だ〜〜〜〜!!

南国のこちらでは雪はたいそう珍しく、昨日から天気予報で雪マークが出ていたんですが雨が降って、今か今かと待っていたらようやく降りました。初雪観測です。
雪が降れば、コドモたちはそりゃもう大騒ぎです。大人たちは別の意味で、ええ、スタッドレスタイヤなんか常備してませんから、大騒ぎですよ。でも山間部以外は積もりそうにないですけどね。

雪が積もれば、ここいらの学校は授業そっちのけで急遽雪遊びが始まるくらい珍しい事態なんですが、今はインフルエンザがはやっているのでなんだか途中下校になりそうな感じです。それもなんだか寂しいなあ。

e0147757_23161860.jpg


取り込んで、まだ少し湿っていたので部屋干ししようとシャツをぽいぽいしていたら、目ざとく害鳥がやってきましたよ。洗ったばかりなんだから〜〜〜!





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2009-12-18 23:17 | ボタンインコ

年の瀬

クリスマスもまだですがー、ちょいと町までお正月の品々の注文に。
滅多に出歩かないので、足が退化しているらしくちょっとウロウロしただけでばててしまった。
体力ない〜〜〜。

e0147757_21225623.jpg


おいしいの、注文してきた?


おべんとつけたくずもちくん。
おいしいの、注文してきたよ〜。

実家なら外商で頼んでおしまいなんだろうが(私の母はすべて人任せな豪快な人です)、私んちのよーなあまりにもみみっちい買い物は外商してくれないんだよなー。足で稼ぐしかないんだわ。んでもって、お目当てのお店でアレとかコレとか。クリスマスの丸鳥も忘れずに。

夕方になると足がむくんで、そらたいへん。
これこれ、そこな鳥さん足マッサージお願いします。

e0147757_21263032.jpg


後でね〜〜〜



私のお願いごとはいつも後回しなのね、くっすん。




これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2009-12-17 21:27 | ボタンインコ

クリスマスアドベント

家中のカーテンを洗うのに○っと一日。
狭いあばら屋なのに、掃除をするとなるとナゼこうも広大無辺になるものか。

e0147757_22194876.jpg


2号にせっつかれてようやくだしたクリスマスツリー。
偽物の木だけど気分は盛り上がる。
こうやって指折り数えてクリスマスを待つ、クリスマスアドベント。
ひとつひとつが思い出になるんだろうなあと思うと無下にはできず。あー、もう今日は働いた(笑)。

e0147757_22212074.jpg


その傍らでくずもちは怪鳥と変身し

e0147757_22215478.jpg


ダンゴは無言で風呂を要求する。なんでしょ、このダンゴ王子の巣ごもり姿!


e0147757_22224332.jpg



そして風呂上がり、2羽でまったり羽繕いを人の腕の上でやってのける。
あたしゃ発展場かい。





平和だー。









これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2009-12-15 22:23 | ボタンインコ

若きくずもちの悩み




苦手なもんは苦手なままでもいいんだよ…


しかしまあ、ここまで風呂嫌いなボタンインコって他にいるのか?



e0147757_051388.jpg


ずんだもちといいしょにパチり!





追記
窓磨き、本日無事に終了しました。やれやれ。





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2009-12-14 00:05 | ボタンインコ

大掃除

大掃除、ナニソレ? オイシイノ?

どーしましょ…。






えーっと、換気扇とカーテンの洗濯と…。
その前に買い出しに。









その買い出しで一日が終わってしまったというオチ。
まだ昨日の文章もできあがっていないのに。



今年もまた年越し大掃除予感。

e0147757_20115650.jpg

片付けはめちゃくちゃ苦手な上に掃除嫌いでしょ? 日頃から少しづつでもきれいにしておけば、慌てなくてすむのに
えーっとおおお(←ずんだもちも散らかし専門なので沈黙している)


誰も来ない家なら悩まないよ。
でも年度末には来客がわんさか来るんだよ。せめて部屋の隅のホコリの固まりくらいどうにかしないとな。
がうううう。


e0147757_20152145.jpg

旗ふって応援してあげるよ〜♪ がんばれえ!


応援ありがと。
なんかこう、家具移動して家具の裏の、特に冷蔵庫の裏のホコリとかなー気になるんだけどなー。
自分ひとりで動かすのか??? と、考えるとウツになるんだ。
うちの連中は年中無休だからなあ。人手があるようで人手がないんだ。


明日、晴れていたらまずはガラス磨き程度から始めよう。












これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2009-12-12 20:18 | ボタンインコ

文豪

フレメ続きでコレクションの紹介。

e0147757_2333113.jpg


フレメが毎年発行しているカレンダー。1969年版。
ご覧の通り、かわいらしい小鳥さんカレンダー。デザイナーはElse thordur Hnasenさん。

e0147757_2351688.jpg


中身もかわいい小鳥さんのデザインで12月分。もちろん小鳥さんの図案付き。

1969年つーたら、私もまだ針も持てない(産まれてないとは言わないよ〜 …ふ)お子様だったので、リアルタイムで買ったわけじゃない。古本で、じみ〜〜〜に安いのを探したのだ。だいたい原価が5000円くらいの本(高いよな〜)なんだけど、プレミアついているからふつーにクロスステッチのお店やそれ専門の古書店で買うと15000円とかふっかけられるので、ねばーってねばーっって7000円でみつけた。こんな古書に7000円ってのがバカなんだけど、それがコレクター♪なのさ〜〜。

この小鳥さんがねえ、12月分四季そろっていてかわいいんですよ。
12枚並べてタペストリーにしたらきっとすっごくいいのよ、とか思うんですけど実現に至っていません。そういう大物は夢見ている時が楽しいもの。つか、そんな大物始めたちゃ首絞めるよーなもんだわ。


そんでもって、ちょろっと奇跡的にメタリックずんだちゃんっぽいのが撮れたのペタリ。ピントがずれまくってますがー。

e0147757_23124420.jpg


ぺかぺか感が伝わります?? びみょーなんだけど。
ほんっとにこいつら動くのが早くて、もはや私のデジカメではまともに写せないんですよ。大量のブレブレ写真の中にほんの数枚、見れるのがあるかどうかで。


e0147757_23144990.jpg


そして嘴懸垂をするくずもち。











お察しの通り締め切り間際で逃避してます。
今回のは仕事じゃなくって、どっちかというと趣味なんだけど、くだらない文章ならすらすらどこまでも書けるのに、衆人の目に触れるふつーの文章が、それもたった1000文字が書けないのはどうしてなんでしょ。
さっきからワードがぜんっぜん埋まらないわあ。




これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2009-12-11 23:17 | ボタンインコ

青い色素を持っている鳥はごく少数で、鳥が本来持っている色素はメラニン(黒及び茶)だけで、それに食物由来のカロチノイド系の赤〜黄色が加わる。だもんで食事が貧しいと黄色や赤があせてしまうのはカナリアなどが顕著であることはよく知られている。カナリアはカロチノイド系(プロか?)を摂取した後も体内でその種独自の発色色素に生合成できないので、ダイレクトに食餌の影響が羽色に反映されるそうで、鳥を見れば何を食べさせていたか露骨にわかる…らしい。カナリアも飼っていたけど黄色だったしなー。そうなのかー。

じゃ、なんで青い鳥が存在するかというと、青は主に羽の構造による光の散乱・干渉で起こる構造色で、白色光(全光色)がなけりゃ青く見えない、という幻の色なのだ。

羽の内部構造で起こる散乱光では赤より青の方(短波長)がより多く散乱されるので青く見える。空が青いのと同じ理屈である。これが散乱されすぎると全波長で散乱が起こり、つまりは元の全光色に戻って白になる。白鳥さんとか白文鳥さんとか。

次に羽の表面の微細構造で起こる光の干渉で見える青はどっちかというとメタリック系、オパール系のぴかぴかした色で、クジャクのりっぱな飾り羽とかキジとかカラスのつややかな輝きとかで、こっちも光がなけりゃやっぱり現れない色である。
で、この干渉色、なかなか写真に撮り辛い色でして、偏光でもあれば黒っぽく変色しちゃって写真に出ないんですよ。うちのずんだちゃんも青い羽にはメタリックな輝きが乗っているんですが、写真だとどよーんっと沈んでしまって本来の鮮やかさが全く出ていません↓。ほんとはもっとピカピカな鳥さんなのよー。


e0147757_20281524.jpg


この青に黄色が乗っかれば緑に見えて、さらに黒や茶色で様々な色が生み出される。
更に羽軸の太さとか色素の密度とか表面のケラチン層の厚さとか、いろいろな因子が組み合わさり、ラブバさんではどーなってんのかいっと叫びたくなるほどの色違いが生じている。セキセイさんもそうですね。

おおざっぱに色が濃いほど丈夫である、という傾向があるのは、ひとつはメラニンが紫外線を吸収する作用があるからだ(黒い色は光をよく吸収する)。紫外線は細胞のガン化をうながすので、メラニンが少ない程ガン化の確率があがる。アルビノ系の鳥に日光浴が逆に害があるのはひとつに紫外線の影響を受けやすく、また目もメラニンで保護されていないので視力を失いがちになるからなのだ。メラニンさまさま。


更に食餌が豊かだとカロチノイド系の色素をバラエティ豊かに摂取できるというわけで、上記のメラニンの事情も合わさって、色彩の鮮やかなオスはつまりは生活力があって丈夫という証拠ということでメスにモテる…傾向があるらしいです。でもうちじゃくずもち(コバルト)よりダンゴ(シロ)がずんだもちにモテてるよなー。


鳥もモテの条件は見かけだけじゃないってことですか???











これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2009-12-10 20:51 | ボタンインコ

白いことり

e0147757_23474851.jpg


ダンゴでーす。元気です。おシッポもだいぶキレイになりました。


ダンゴ隊長、のんびり暮らしています。
のびかけのシッポもだいぶ揃ってきました。
トラウマも残らなかったようで、他の2羽とも普通に接しております。

…くずもちが背後に来たときはさすがに警戒してるか。ううむ。

e0147757_23502660.jpg


昔むかーし、『ぴーすけ』という名前の白文鳥を飼っておりまして、そいつがほんっとに真っ白のむちむちのつるつるのやつでして、性格はダンゴとは似ても似つかず強気で少々凶暴でありましたが(文鳥のほうがボタンインコより攻撃に容赦ないです)ダンゴ隊長のむほむほの白い羽毛にぴーすけの面影が重なります。

白い鳥という、なんとも甘ったるいモチーフが結構好きでして、安房直子さんという童話作家の白いクジャクが出て来る童話なんか大好きでした。そしてまたずばり『白いおうむの森』という、たいそう怖くて幻想的なお話もありました。安房さんは鳥が登場するお話が多いですね。鳥という生き物が彼岸へ渡る使者であるかのような比喩とか、昔からそんな比喩は世界各地にありますが、それに白い鳥というのが静かで透明で秘めやかで冷たいイメージがすーっと出てきて、怖いわすごいわ憧れるわ、いやはや夢中になりました。

他に白い鳥と言えば、『トゥネラの白鳥』(つまりあの世の鳥)とか『白鳥を食う男』(聖歌なんですが…一応)とか、怖くてとんでもない楽曲もありまして。白い鳥というのは、なんとなくホラーなイメージがあるようです。


全身これ真っ白な鳥というのは実際珍しくって、カンペキを望むならアルビノ系なんですが、アルビノはちょっと飼育に自信がないというか、いまいち足踏みしています。思う程難しくないらしいですけどね。









これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2009-12-10 00:03 | ボタンインコ

シジュウカラさんらしき鳥さんも登場。
思ったより華やかであることが判明。わくわくわく。

e0147757_23435265.jpg





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2009-12-09 23:44 | クロスステッチ

のんびりボタンインコとの暮らし