逢瀬

毎年、台風におびえる九州人なので、かなり構えていたら風こそ強かったけど空振りに終わったというわけで。でも収穫の秋に台風くると、被害甚大なので助かったのは確かだ。


なんだかもー人体そのものをオブジェクトとしてしか認識してないんじゃないかと思えるこのゴロ。
どーして人の膝の上でデートして人の仕事を邪魔するかね、きみたち。

e0147757_2155025.jpg


ダンゴのデレデレっぷりが憎らしい。いーーーっつもいっしょにいるくせに。外に出てもダンゴはずんだもちとぴっとり。


e0147757_2157017.jpg


くずもちとはちょっと距離をおきつつ、たまに喧嘩するけど、まあ許せるくらいのもんだから。


e0147757_21593064.jpg


しかし、やっぱり最強はずんだ姫。嘴でしがみついてでも風呂の一等地である真ん中はゆずりません。







これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2009-10-08 22:00 | ボタンインコ

仲良し?

なかよくボール遊び?

e0147757_2039146.jpg




と思っていたら、結構、オニの形相に見えるのは私だけ??




e0147757_20395785.jpg


うーっす!!





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2009-10-07 20:40 | ボタンインコ

愛鳥塾の続き〜


対談  菰方順子様(株式会社アニマル・ワン 社長)
テーマ:「人と鳥を幸せにする雑穀の魅力」


現在開発中のTSUBASAオリジナルのバードフード(ペレット)の中間報告。
製造をアニマル・ワンに委託してるもよう。

原材料となる雑穀の栽培農家の様子の画像。
テストタイプペレットの試食 →こうばしくておいしかったけど、今回のはちょっと硬め

注)減農薬あるいは有機栽培で雑穀を栽培しているそうですよ。宮崎の綺麗な水と空気ですくすく育ったヒエや粟の画像は新しいペレットの期待を高めてくれます。

<ペレット製造にあたってのアニマル・ワンの姿勢>
原材料は完全に有機栽培(減農薬)の雑穀を仕様
 →とことんこだわって欲しいですし、現在のTSUBASAの立場からもそうであって欲しいですね。
原材料の産地などの情報の開示
 →産地はもちろん、構成成分の開示等
栄養強化のための添加物の由来、量などの開示ココ重要
 →今回私が一番追求したかった所、もちろん質問しましたよ。
  ペレットにするからにはどうしたって雑穀だけじゃ栄養が足りないので、栄養を強化しなければならないのは自明の理です。で、その強化した栄養の由来(たとえばカルシウムなら卵殻など)や量、塩の種類などもやっぱり知りたいわけですよ。その当たりの情報も開示すると社長さんはおっしゃっていたので、製品が完成したらぜひ検討してみたいです。楽しみだな。
保存などの工夫
 →アルミコーティングのパッケージなど、いかに酸化劣化をおさえるか。

などなどテストタイプが今バージョン14まであるそうです。早ければ来春にも製品化するそうですが、どういうペレットができるでしょうか。


******



 講演    伊勢健 一郎(吉塚ASMペットクリニック 院長 )
 テーマ:「見逃しやすい病気のサイン」

飼い鳥において一般に見られる疾患の具体的な画像といっしょに病気の予兆の見分け方を解説。

注)自分が経験したことのない疾患の患部や排泄物の様子など、鮮明な映像として見られるのはずいぶん助かりました。やはり肥満が万病の元だと痛感。肥満は内蔵をてきめんにダメにします。そして栄養不足。栄養といっても微量元素ですね。カットルボーンやサプリメントをうまくつかいこなさなくちゃ。






愛鳥塾恒例プレゼント&じゃんけん大会

すっかりさっぱり惨敗! 
くっすん。

かわいいプレゼントがいっぱいありましたよ。騒日工房さんやちろる堂さんや…
らっきぃさん、騒日工房さんの時計をげつ、うらやましすぎる。

そしてエンディングに鳥の十戒。いつ聞いても泣けます。


e0147757_2232391.jpg



プレゼントをひとつもゲットできず、とぼとぼ帰った私〜 ♪
いいさ、講義はたいへん充実してたしそれだけもいいんだーーいっ。

なので、皆様も機会がございましたら是非参加してみてくだいね。

いじょ、れぽーとでした。



これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2009-10-06 22:06 | ボタンインコ

つれづれに思って

愛鳥塾のデータまとめながら、つらつら考えたり。

鳥って小さな子供みたいなんですよ。
赤ちゃん返りしたり兄弟喧嘩したり、拗ねたり、うらやんだり、人間の子供が経験するであろう試練をそのまま受けるんですよ。
弟をかわいがったらお兄ちゃん拗ねるだろうなあ、がそのまんま。
難しいけど、そこがかわいい。

e0147757_21432489.jpg

↑ケージから出たところのダンゴ。このまま手にステップアップするとご褒美がもらえるので待ってます。

ちっちゃい2歳児が3羽コロコロ。
鳥としてはもちろんそろそろりっぱな成鳥なので、発情などの問題も起こるが、行動様式は2歳児。
実に無邪気に遊んで笑う。

e0147757_21453597.jpg

↑ケージに入るとやっぱりご褒美の粟穂がもらえるので、放鳥時間にもかかわらず、時としてさっさとケージにもどって粟穂をおねだりしたりする。こいつはくずもち。くれくれコールの真っ最中。

ふわふわの羽毛は私の肌に優しく、香ばしい香りもまた一興。
嬉しいときはじんわりあったかくなる小さな足は恐竜時代の名残。

e0147757_21475156.jpg

↑ダンゴを追いかけるか、くずもちをいぢめて遊ぶか真剣に悩んでいるずんだもち(汗)


ダンゴは生まれつき体格も小さくて弱いから余計に心配だし、くずもちはやんちゃしすぎでケガしそうだし、ずんだもちは勝ち気すぎるとこがこれまた心配だけど。

まあ、今考えてもしかたないから気楽に生きて行きましょう。








じゃんけん大会、きっぱりさっぱり敗者でした。
なんか当たってもいいじゃんかよ〜〜。くっすん。




れぽーと#2はまた次回に。





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2009-10-05 21:51 | ボタンインコ

愛鳥塾 in 福岡のまとめ
要点だけしぼってます。他にもたくさんのエピソードがあり、笑って時にはしんみりして、とても楽しい講演でした。次回、機会があったらぜひ参加してみてください。




講演 松本壯志(TSUBASA)
テーマ:「愛鳥と楽しく暮らす知恵」

なぜ問題行動を鳥が起こすのか、そのメカニズムと各種解決手法を紹介。



1)問題行動を起こす可能性のある鳥は成長期によって段階的に兆候が見られる。

雛から幼鳥期 →第一次反抗期 特定の人に愛着、強く噛むようになる など
若鳥から成鳥 →性成熟にともなう第二次反抗期 特定の人以外には攻撃、人見知り、鳥見知り、大きな鳴き声など

要因
飼い主の立場から
  鳥をしかる時にオーバーアクション(ほめかたがおとなしい)
  大きい鳴き声や抜けた羽に反応
  噛まれるとひどく叱る
鳥の立場から
  大きい声をあげたり、羽を抜くと飼い主が反応する
  噛むと飼い主が反応する
  おとなしくしていると誰も注目してくれない

ネガティブな行動に強く飼い主が反応する→ネガティブな行動が強化

注)ほとんどの飼い主が朝、ケージを見て羽が多量に抜けていれば驚くものだが、鳥自身よりも先に羽が抜けていることに飼い主が驚くと(注目すると)、鳥が「羽が抜けていると飼い主が喜ぶ」と学習してしまい、毛引き誘引となる、というエピソードに目からウロコ! そうだよね〜、と納得。羽が抜けていようが、ハゲができていようが、鳥の前では平然と振る舞う事が重要。驚くのは別室(鳥から見えないところ)でするべき、という松本氏の話に爆笑しました。




2)問題行動の解決法 または予防法

iフォージング

食餌をするのに多くの時間がかかるように工夫する

→適度な運動と緊張感
 たとえば 果実野菜はなるべく大きなまま串にさしたり、あるいは隠したり
 食器をかえる 食器の位置をかえる などなるべく食べにくくする

餌のない時間をつくる
→中型から大型は半日食べなくてもよい 食餌は朝晩2回 昼間は充分に運動を
小型鳥は夜間餌箱をとりはずすなど 

野生の鳥は餌を探し食べることに一日のほとんどの時間をついやす。飼い鳥はその点、上げ膳据え膳でなんの苦労もなく餌を食べられ、余暇をもてあますことになる。無駄鳴きや毛引きよりも餌を探し食べることが楽しいことを学習させる。鳥本来の生活にちかづけてやること。


iiコンタクトコール

鳥は鳴く事でコミュニケーションを計る生き物である。

鳥が鳴いているということは何かを要求していることである。この要求をを飼い主が理解できないときに、鳥はフラストレーションを感じ問題行動へと発展しやすい。
なぜ鳥が鳴くのかを原因を考えること。

鳥とのコミュニケーションとして地鳴きを飼い主がマネしてやると鳥が安心する

注)ボタンインコに向かって『ぴきゃ』とか『ぴひゃ』っとか言うんですね? うははは。

iii ポジティブレインフォースメント

ポジティブな行動をした時にこそ、おおげさなくらい声をあげてアクションしてほめてやること。ご褒美をやるのが効果的。

また行動を起こした直後にほめること。

ネガティブな行動をしたときは逆に黙って無視。


正しい人とのコミュニケーション方法を学べなかったことが問題行動となる。鳥にも社会性を身につけさせることが重要。
なるべく多くの鳥(特に同種の鳥が有効)や人間に会わせ触れ合わせること。狭い世界しか知らないと攻撃的になりやすい。

→リスクとしてケガをする、病気がうつる可能性など

<どういう生活が鳥にとって幸せなのか、考えてみよう。>


最後に、ご自身の病のせいで飼い鳥を手放さざるを得ない飼い主さんのエピソードに一同涙ぐむ。鳥の健康はもちろん、飼い主さんご自身も充分に健康に気をつけてくださいとのこと。飼い主あっての鳥さんですものね。



これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2009-10-05 21:12 | ボタンインコ

↑なのである。

e0147757_2312156.jpg


入場券とお土産のバッチ。おみやげにはもうひとつ、豆腐かりんとうをいただいたのだが、写真を撮る前に家人どものハラの中に消え去ってしまったのであった。…おい、少しくらい残してくれたっていいじゃないか。


さて肝心の内容は↓の通り。

<プログラム>

12:15 開場
13:00 開演挨拶、他
13:10 講演(TSUBASA 松本壯志)
      テーマ:「愛鳥と楽しく暮らす知恵」
13:50 休憩
14:00 対談(株式会社アニマル・ワン 社長 菰方順子様)
      テーマ:「人と鳥を幸せにする雑穀の魅力」
14:40 休憩
14:50 講演(吉塚ASMペットクリニック 院長 伊勢健
一郎様)
      テーマ:「見逃しやすい病気のサイン」
15:30 愛鳥塾恒例プレゼント&じゃんけん大会
15:50 エンディング
16:00 終演


中身は濃かったですよ。詳しいレポートは後日。
というのも前日のルナティックハイのまま譜読みしてたりして完璧に寝不足で、高速福岡まで行ったわけで、ただいま頭が燃え尽きています。メモだけはかなりしっかり取ったので後で頭が目をさましている時にそれをまとめてからのほうがいいかな〜と思う次第でございます。

それから座った席の真ん前に、偶然にも続インコアパートの管理人のらっきぃ御夫妻が座っていましてね。びっくりしました。というか、ボケた私はなんか見た事ある人がいるな〜(←かなり失礼)、でも名前確かめないとな〜とぼや〜〜〜っとしてたわけですよ。そんな私を先にらっきぃさんが声かけてくださって。たいへんたいへん失礼をしてしましたよ。とほほほ。でも、お顔を知った人がいるってのは嬉しかったですねえ。やあやあ、らっきぃさん、今度はまた時間をあらためておしゃべりしましょ〜。


e0147757_23133052.jpg

ダンゴとくずもち、ちょいビミョーな関係



家に帰ってボタンインコたちの顔を見て、今日、愛鳥塾でいろいろ感じたことを再び思い出して。
大切な小さなお友達、できるだけ長く元気でいてくださいと。
お留守番のご褒美はもちろんソバの実と粟穂で。



e0147757_2317094.jpg


明日は鳥たちにいっぱい話を聞いてもらおう。








これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2009-10-04 23:17 | ボタンインコ

満月

出た出た〜、月が〜〜〜!
リハ帰り、空を見上げたらま〜るまるなお月さまがぽっこり。
月の光のなんてまぶしいこと。


e0147757_23371936.jpg


反射光でこれだけまぶしいなんて、太陽ってやっぱスゴいわね、みたいなナナメ45度な感想をつぶやきつつ
ダンゴだよ! 月見でダンゴ。


e0147757_23383612.jpg


料理が全然ダメな私でもこれくらいはできるのさ。
形がいびつなのは、ちまちまとダンゴを丸めるのがだんだん面倒くさくなったからなのだ。
いいんだよ、食えりゃ〜〜。

それにしてもいびつだわ、我ながら。

ちょうどドビュッシーのベルガマスクの月の光のカルテットしてたんで(神田編)、もう頭の中が分散和音でいぱいいっぱい。それとチョコレート・ダモーレ、ちょっと今日はAフラットが低めだ〜!わりゃ〜〜!とディレクターに怒られたのね。ごめんよ、3度の時は高めにしとくわ。最初かますときはしっとりと深めの微低め、途中のタメの時は高めの明るめ。管楽器ってそういう小細工(と言うんだろうか)で音のニュアンスを変えるんですよ。ハマると迷宮に閉じ込められるけど、ぴったりな音を見つけ出したときはすんごく嬉しい。


月の光、ぴかぴかちりちりの甘いクリーム色なお月様。
月を見て浮かれ出すってのがよくわかる晩。

気分的には今、すっごくテンション高いです。月効果ばっちり。
そうなのよ、元来ほ乳類は夜行性、夜になるとざわざわ血が騒ぐのだよ。


e0147757_23463843.jpg


なにヨ〜?
あ、おかまいなく、ボクたち勝手にやってますから!


ボタンインコたちはさっさと寝てしまうからなあ、こんな満月一生見ないんだろうなあ。
ちょっと気の毒?












これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2009-10-03 23:50 | ボタンインコ

明日晴れるかな?

10月好きな私、お月見ももちろん大好きである。

e0147757_21265849.jpg


月餅も用意して、準備にぬかりはないのに…





大雨だよ、ママン…






雷まで鳴っていたんですが、明日晴れるかなあ?
明日なのに中秋の名月〜〜〜〜。
今年は日蝕も雲にたたられたし、なんか悪いことしたか? わし?
いや、もうツッコミはナシで。


で。
雨ともなるとお風呂にはいりたがるボタンさんたち。
今日もわらわらとやってきて。




e0147757_21543814.jpg


いつものよーに平穏に集まって来たかと思えば、兆候もナシにいきなりダンゴに足をのせるずんだもち。
なんですか、いきなりスイッチ?


e0147757_21311984.jpg


そこは円満解決を願うべく、さらりとかわすダンゴ。


e0147757_21321169.jpg


そして怒られる。





インコ男子は忍び耐える季節。なんか理不尽だよねえ。
ずんだもち、ぱちっとスイッチはいって、これまたぱちっと消えるんですが、パターンが全く読めません。実はうちに貯め込むタイプなのかしら。




e0147757_21331763.jpg


風呂上がりはもっふもふ。くずもちの妙なる香りを堪能しつつほお擦りする私。
10月のかほりだわあ。











これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2009-10-02 21:36 | ボタンインコ

ただ今迷走中

うちのボタンインコたちの場合、もうだいたい発情が終わっている。
けれど、どこをどーしたものか、突如ずんだもちだけスイッチが入る。

入ると、もうちょこちょこせわしなく動き回って
あろうことかダンゴに乗っかろとするわけである。


e0147757_20405954.jpg





困るのはダンゴで、さすがインコ男子、噛み付いたりはしないが
軽く『きょきょっっ』と威嚇して追い払う。






e0147757_2041332.jpg


全くどいつもこいつもだらしがない〜〜!



一方的にヒステリーになるずんだもち…。
ずんだちゃんの迷走、まだ続きそうだ。



これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2009-10-01 20:42 | ボタンインコ

のんびりボタンインコとの暮らし