<   2009年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

インコの気分は秋支度

今日も今日とて、最高気温35度。チョーシこいている太陽さんです。ぷへえ。

あっついんだが、どーもインコ的には秋の気配を感じているらしい。
つまり羽が抜け出したのだ。…換羽ですか??
春が2月あたりだから丁度半年後、頃合いといえばそういう次期。あっついのに〜〜。

ボタンインコはオーストラリアンパラキート(オカメさんやセキセイさん)と違って、ぬる〜〜い環境の中央アフリカ高地でのんきに暮らしている種族だからして、生活態度もずいぶんぬる〜〜いんです。栄養豊富なマメ類を食べてもあんまり太らないし(そりゃ限度ってもんがありますが)、水はがぶがぶ飲むし、水浴びがんがんするし。で、年間気温差も15度前後しかなくって、それでも一応夏と冬はあるらしいので、それなりに季節があるんでしょう。冬用の羽毛は更にもふもふカシミア仕様。

e0147757_20292950.jpg


ずんだもちとくずもちの色の濃いボタンインコのダウンフェザーと言うのかな、ほわ毛は微妙にグレーかかっていて、それで白い前掛け部分もなんとなくくすんで見えるんです。イノスプリットのダンゴはさすがにほわ毛が真っ白で、そのおかげで体が全体的に純白に輝く。まるで洗濯用洗剤のCMだ。うははは。


e0147757_20335169.jpg


しばらくは、ぼふっ (もはっ)、ばさっ(はらり)が続くみたいです。ふう。









これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-08-20 20:34 | ボタンインコ

いちじくの思ひ出

夕方、「小鳥と暮らす」のchiropiさんから☎がありまして。
うちで実ったブラックベリーを差し上げる約束をいたしておりましたので、受け取りにいらっしゃるとのこと。と、ほどなくやってきたchiropiさん、やっぱりお約束のケーキを持って来てくださいました。ありがたや〜〜。
chiropiさん、変わらずお元気そうではきはきとしたお言葉も前のまま。
そしてご自慢の一品↓。

e0147757_2113412.jpg

いちじくのロールケーキ。


ふわふわのクリームの中のいちじくはとろりと甘く、たまご色のシアワセスポンジはしっとりと、それはもうたいへんおいしゅうございました。えへへへ、独り占め失礼。
のはずがっ、目ざとい手下どもがこっちの隙を狙って食らいつき、あっというまに完食いたしました。ちょっとおお、少しは味わえよっ。

私が幼い頃住んでいた家にやっぱりいちじくの木がありまして、ほどよく甘くなったころを見計らってよく父がもいでくれました。父は自然科学系の科学者で、生き物大好き人間で、植物も詳しかったのですが、いちじくが実に見えるのが、じつは花であると私に教えてくれ、お約束で申し訳ないんですが、私は大変驚いたわけです。花なんですよね。甘くて、とろ〜りの。よく見ると、おしべのよーな気もしないでない小さなヒゲが密集していて、「花か、そーか、そうかもしれない」と、幼い私は自然の驚異的なセンスに感嘆いたしました。そういう、幼い頃のほんのりとした思い出がいちじくにはあります。

いちじく、うまうま〜。


e0147757_21164178.jpg


↑おすまし、ずんだもち。



これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-08-19 21:09 | ボタンインコ

あっちっち〜

今日の最高外気温34度C。



秋はまだまだ遠い残暑の日々…。
そしてなおアツいおかたがた。

e0147757_21494749.jpg


エアコン入れてたって設定温度は28度。
人間だったらちょっと動けば汗がでる。
それなのに、こんなに涼しげに寄り添ってお昼寝。
鳥飼いさんなら知ってますよね? 鳥の体温が高い事を。
絶対、蒸し蒸しむんむんなはずだーーー。


e0147757_21515644.jpg


えへへへ






これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-08-18 21:52 | ボタンインコ

現行犯

e0147757_21291797.jpg



e0147757_21301468.jpg



また対策たてなくちゃ。ほへえ。




これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-08-17 21:31 | ボタンインコ

至福の時間

ソバの実はタンパク質、ミネラル、ビタミンB郡が他の穀物よりも豊富である。人間が食べてもおいしいところからわかるように(でんぷんは味がありませんし、うま味成分はアミノ酸、核酸です)、鳥にも大好評。
うちでは1日1回、昨日のログで書いたように、パーチで『待て』ができたご褒美として与えている。

↓が、その図。
e0147757_19262237.jpg

がつがつがつがつ







インコの入れ食い…。







くずもちが久しぶりに風呂に入った記念でぺたり。

e0147757_19273872.jpg

風呂に入ったら、やっぱり気分はいいらしい。だったら、もっと入ればいいのになー。
風呂に入るまでがやたら長いのはなぜだ。



e0147757_19274887.jpg

極楽、極楽〜〜〜




これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-08-16 19:29 | ボタンインコ

まあだだよ!

スタンドパーチでソバの実を貰おうと待機状態。つまり、『待て』。


e0147757_2315291.jpg


もう、ソバの実が欲しくてうずうずしている。犬ならヨダレ垂れている状態。
うずうずしすぎで、ずんだもち(右)は今にも飛びかかりそうな迫力。


一日一回、訓練ってほどじゃないけど、躾の延長でパーチで『待て』をさせている。鳥の方は完全にゲームと思っている。ソバの実はとっておきのご褒美で、この『待て』の時しかもらえないので効果絶大。



おまけ

e0147757_23184154.jpg

しゅたっ



分身の術でも使えそうな勢いで高速移動中。






これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-08-15 23:19 | ボタンインコ

江戸後期には細川藩家老が御三家長岡氏率いる代官職をつとめ、一帯の治水利水利権をむさぼり、隆盛を極めたかの一族も、天皇の御代になって『これからは農業より事業よね!』と、世間知らずの坊ちゃんが事業に手を出したが最後でして、したたかな世間様にすっかりむしりとられ、大正の時代には落ちぶれて、それでも昔の光でなんとか体面を保っていたのが、第二次世界大戦で完膚なきまでにトドメさされてしまったとさ。

土地こそ残ってますがね、大名別邸と見間違えるほどの本宅もでっかい石のあった滝のある庭園も、今は影も形もありません。仏間だった寺とか門とか神社とか古文書とか、どんな価値があるか知れたもんじゃない骨董品が残ってるだけ。本家も兼業農家でサラリーマンです。私んちもサラリーマン。

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす


だよなー。まったく。

それでもお盆の行事は昔風、めんどくさいというより、数が多い。お参りする墓の数も、挨拶してまわる親戚の数も、4代前にヨメに来た誰とかさんの出身の、なんとか家まで挨拶に行くんですから。分家と言っても、そこそこ本家に近い、当主の腹違い兄弟筋なもんで、私ことヨメはお土産運び係で挨拶回りについて行く。昔々の奉公に来てくれていた筋のおうちの子孫の方々にも挨拶をしにいく。私ことヨメはやっぱり家刀自様の荷物持ちでお土産持ってついていく。セミが鳴くよ、じゃわじゃわじゃわ。



ですが、どこんちがどういう筋でどうつながっているなんて覚えちゃいません。戦前の記憶が残っている長老がたが亡くなれば、たぶん、そんなとこまで(今ではすっかり赤の他人ですし)挨拶に行くなんてこたーなくなるでしょう。なんとか様の御当主の乳母筋で、とか年配の方がたこそ言ってくださいますが、若い世代にとっちゃそんなもん、何ソレ? ですよ。身分なんてもう関係ないし。


たぶん、私たちで最後の世代だろうなあと思います。


しょせんヨメですから、私だってそんなもんどーでもいいと思うんですがね、ご当主様はそれが寂しいらしい。ご当主様つーても、ふつーのサラリーマンですから。私はそんな昔の戦前の事でありがたがられてもちっとも嬉しくないんじゃないかと思うんですがね、乳母日傘の坊ちゃんとして育った人は、忘れられないんでしょう。でも、もう身分制度はないんです。もう、これでおしまいにしましょう。そういうご当主様も90歳越えてますし、次期様ももういい年のおっさんで、科学技術部長はハラの出た狸親父、うちの手下1号はひょろひょろの若造でみんなみんな庶民です。


ようやく今年のお盆が終わりました。
やれやれ。
正月は挨拶だけで墓参りがない分ラクチンです。
年寄りが生きているうちは年寄りの希望につき合って行こうと、そのくらいは思います。
でも、次世代からはカンベンですわ。




e0147757_0522440.jpg
e0147757_0523913.jpg


思ったよりみんなに丁寧にあつかわれているゴーペンさん。
ダンゴもくずもちも挨拶代わりに押し倒しするが、落としません。
なんか意外。









これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-08-15 00:54 | ボタンインコ

空は変わらず

うちの科学技術部長の本家は阿蘇外輪山の麓にあって、記録に残っているだけでも江戸時代中期から続く地方豪族…らしいです。んで、我が家の手下1号2号で12代目とか13代目とか(正確には私たちの代が15代目、次が16代目だそーです。部長、細かいよー)、もう聞き流しちゃってるんで記憶が曖昧。

e0147757_2315485.jpg

墓場は一族郎党が眠っているし、本家本宅の仏間がそのまんま自分ちの寺になってるし(現在、住職さんが年で引退してちょっと宙ぶらりんです)、それだけでどの家系なのかわかっちゃうんですが、九州のイナカの墓場回りののどかな風景をば↑。 雨降っちゃって天気悪いですが、写真の方向に阿蘇外輪山があって、それを越えると世界一の阿蘇5岳が見えてきます。

相変わらず長老たちの話はぶっとんでいて、丁度土地の所有権でトラブルがあったらしく弁護士さんに6代目が書き残した古文書(注、私は読めません)と明治19年に当時の村ととりかわした契約書があったから、それらを見せたらば、これで解決できる、と言われたと、いったいなんじゃそりゃみたいな話が延々1時間。
 あそこの空気はずうっと、あの一族があそこに居を構え、江戸時代初期?から中期にかけてコロコロ変わる領主(大名)との丁々発止で生き延びて、乗り切った時代のそのまんま。風も水路も水車もそのまんま。ご先祖の、何代目の何回忌とか(まるで天皇家みたいに代々あるわけです)、延々と、そりゃもう延々と。

私は分家のヨメですが、本家はそりゃたいへんだろうなと思う訳です。
今の今まで続けて来たことをこれまた未来永劫、名前が続く限り、国の代表が変わっても、もしかしたら国の名前が変わっても、やり続けるのかと。
1畳はあるような、今も書き足し続けているどでかい紙の家系図には一番下の私の子たちがすでに記載されてますし、その先もほら続けろと半ば強制されているようであんまし気分がいいもんじゃないですけど、長老たちは本気です。まあ、年寄りの希望はうんうんと実行するかどうかはさておいて、一応は受け入れるみたいな聞き流すような、そうでないと更に続きますから。


そんなこんな墓参り。ふう〜。




e0147757_23301472.jpg

やっぱ鳥と遊んでいるのが一番いいわあ。
やれやれ。








でも、明日も今日の続きがあるのだよ。
  がっくり。











これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-08-13 23:30 | ボタンインコ

猫インコ

全く別種の生き物を、比較したとて詮がないが、群れで暮らす犬っぽいかと思えば、こっちが忙しい時に限って構って光線を発射する猫っぽいとこもあって、で、どちらかと言うと猫っぽいうちのインコ。


PCに向かって(画面がインコブログなんですが)何かやっていると、決まってやってくる。

e0147757_22192434.jpg


モニター覗き込んだり、私の関心を引こうと齧ったり、あー、モニターの横に積んである紙類にインコパンチで穴空いてるし。


e0147757_22204511.jpg


そのうち腕がわずらわしくなって、下の膝の上に下がったり。
んで、腕を上げろと主張したり。



それでは遊びましょ?
と、私が構えるとぷいっと他へ行っちゃうくせに、私の関心が他のこと、本やPCに向かっていると、とたんに激しく自己主張を始める。どこの幼稚園児だよ。



e0147757_22231052.jpg


たとえ自分たちが他の、私と全く関係がないことをしていても、いつも注目していて欲しいと、猫っぽいんじゃなくって限りなく人間っぽいインコなのだった。







これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-08-12 22:24 | ボタンインコ

真昼の決闘

地震だの台風だの、なんだか騒がしい日本列島、みなさまのお宅はだいじょうぶでしょうか?
私んちは、オソロシイほどの熱波と戦っておりまする。

暑いです。暑いという言葉さえ陳腐なほど暑いです。全くもって暑いとしか言いようがないんだけど、やっぱり最高気温が連日35度越えちゃうと、もう外に出るのがとてつもない事のように思える。やっぱこーゆーときは避暑しなくちゃ! しなくちゃだけど、する予定がなくって(号泣)、地べたで熱波と戦う日々。打ち水とか、よしずとか、でもってあんまり暑いので放置して雑草だらけの庭とか、やっと咲いたホウセンカとか、暑いので昼間でも遮光カーテンしているせいで昼間っから寝ぼけて鳴きまくるスズムシとか、むちゃくちゃな日本語になってるけど、とにかく暑いわけで。

でもって、それでも時間が限られているせいで、どーしても日中に(多くの人が活動するのが日中なので)ピアノ合わせとか次回のコンサートの打ち合わせとか郵便局へエクスパック出すとか、外に出ざるを得ない訳で、刺すような日差しの中をえいやっと飛び出して、汗だくになって、全然効かない車のエアコンにぶつくさいいながら、サングラスかけていてもまだ太陽の光はまぶしくて、暑すぎてセミすらも鳴かない真昼のさなか。

長雨で日照時間が少なすぎた7月の、うっぷんをまさか太陽が晴らしたいわけじゃあるまいし、それなのにナゼこうも酷暑なのか。あー、8月だ。


e0147757_22533083.jpg


ぎらぎらと音すらも聞こえてきそうな正午過ぎ。
部屋の中はエコはどこ? みたいにエアコン入れて、そりゃもちろん鳥のためですけど、それでも設定は28度なんですが、涼しい木陰で遊んでいるよーな、そんな鳥に和むと同時にたいそう羨ましくて、でもカゴの鳥は外に自由に出られないから最大限飼い主がサービスしてやらなくちゃ、みたいな感もあって。

なんだ、やっぱり鳥が羨ましいんじゃないかと思ってみたり。







これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-08-11 22:57 | ボタンインコ

のんびりボタンインコとの暮らし