<   2009年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

梅雨明けはまだ?

梅雨明け宣言まだなのだ。
空もまだどことなくすっきりしなくて、完全な夏の空じゃないなーと思う。明日っから8月よ?
エルニーニョの年は梅雨明けが遅いとかなんとか。つまりは冷夏なんだろうか。
でも、気温、高いです。今日もあっちっち。

e0147757_221207.jpg

人の手の上で羽繕いするのが定番になってきてるんじゃないだろか、ずんだもち。
今日も今日も念入りに…。って、腕がしびれる〜〜〜。

鳥の羽毛、そりゃ換羽期ほどにはないにしろ、普通の日常でもほいほい拾えるほどには抜けている。喧嘩して、ひっぱって抜いちゃったのもある(←これは羽毛が体に傷をつけないための抜ける安全服みたいなもんだから、多少は仕方ない。あんまり執拗なら考えることにしてる)だからしょっちゅう、どこかしら生えかえの羽があるわけで、日々のお手入れは大切なんだろう。

けどけど、手の上は…  ああああ、ずんだ姫〜〜〜 あんたのワガママ、忍耐いるわ。


e0147757_2217674.jpg

くずもちのゴーペンさん遊び。
ゴーペンさんを床にねじ伏せ、押さえつける。
じーーーっと押さえつける。
満足いくまで押さえつける。

ちょっと珍しい遊び方だと思った。







これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-07-31 22:09 | ボタンインコ

太陽だ〜〜〜〜!

ひさかたぶりにカンカンに晴れそうな予感。

で、ボタンの虫干し。
e0147757_20353277.jpg

外には猫さんが徘徊しておりますので(野良さんがたくさんいらっしゃるのです)、うちでは午前中に網戸越し、掃き出し窓の側での虫干しでございます。
でっかい白いのと青いセミが…

外はセミの大合唱。ジャワジャワうるさいです。

e0147757_20374635.jpg


ほわあ〜〜〜

ふわふわずんだ姫、眠そうです。あんなとこでうたた寝しても落ちないところがインコのすごいところ。
お行儀のいいダンゴはテントの中。ああ、こんなところにも性格がきっちり現れてるって、すごい。
え? ほら、だってくずもちはくずもちらしく下の方でごそごそごそ…


長らく雨続きだったので、久しぶりの日光は気持ちよく…   けど午前中はよかったんだけど、だんだんと灼熱地獄と変化。あっついあっつい。なので、夏場は日光浴も30分くらいで切り上げ。




午後は涼んで、とりきちさんからいただいた齧り穂(イネ、オーツ、小麦の3本セット)をオヤツに。
e0147757_2042453.jpg


小麦はちょっと堅いかなーとか、余計な心配でしたね。ボタンインコにかかれば敵じゃないわ。
なんの問題もなく、しょっぱなから快調に齧り倒しております。


e0147757_20433154.jpg



今度から小麦もメニューに入れようっと。







これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-07-30 20:44 | ボタンインコ

ドイツ便

今月の散財↓


e0147757_148154.jpg


ぐるっと裏側

e0147757_1482753.jpg


前から気になっていたとりきち横丁
さんに入荷したので、即買。ボタンインコのマグカップですよ?  ありですか?  欧州ではありなんですね??  なんていい所なんだ、欧州。いいなあ。イラストの間にはドイツ語でラブバードの解説が書いてありまする。ラブバードはアフリカ産の鳥で〜〜、くらいしかわからんかった。辞書ないとドイツ語はさっぱりです。後でじっくり読んでみます。




じゃなくって、本当の目的はコッチ↓
e0147757_19116100.jpg

とりきちさんにご無理を言って取り寄せていただいた、Beaphar社のドライタイプのエッグフード。Beaphar社はオランダの中堅どころのペットフード会社で、品質は欧州基準だというのでまずまずだと思うのと、ドライタイプのエッグフードでいいのがないかなーと探していたので、ちょっと興味を持ったのだ。150gパッケージなのでお値段もお手頃590円だっけ。Witte Molen社に比べて、ナッツ等のシード類が多いのと、ドライなせいか若干粗タンパク質量が多い(重量パーセントで5%ほど)んで、まあ、濃厚なんだと思う。使いどころを間違わなければいけそうな気がしますです。とりきちさん、ありがとです。使ってみます。


e0147757_1973722.jpg

それから欧州スタイルのシードミックス。粟、キビにカナリーシード、若干の菜種、それにハーブがミックスされております。うまそうやね〜〜。

e0147757_1985420.jpg

それから鳥さんダイエットに有効だと言われているオーチャードグラス。うちではワイルドオーツ(ほとんど繊維質)を使っていたがバリエーションが増えるのはいいことだと思ったので、お試しパックを購入。さっそくおやつで少量試した所、食べっぷりはよかったですよ。うちのは食欲魔人だから参考にならないか。


その他にハーブミックスだの野菜の種だの、さらにおまけもついて、いろいろ詰まってドイツから。感謝〜。
数日、試してみてまたリポートしますです。






いつぞや齧られたダンゴの嘴。

e0147757_19111964.jpg


ほぼ1ヶ月たって、ケガの跡がここまで移動。けっこう嘴って伸びるもんだと再認識した。そりゃ、がじがじ齧らないと大変な事になるわな。まるでげっ歯類。なので、ボタンインコにはタンパク質の補充も重要なんだと思った。嘴はタンパク質だもんね。

ドイツからごちそうが届いたことだし、しっかり食えよ〜〜。








これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-07-29 19:15 | ボタンインコ

雷雨再び

だと、天気予報がオドシをかけるので買い出しに駆け回った一日。
オニのよーに食うのが3人いると一仕事である。うへえ。


e0147757_21224599.jpg

ねーねー ボクたちのご飯は〜?


大丈夫、しっかり半年分キープしているから。
鳥のご飯は安泰じゃ。


なんとなく微妙なうちの鳥の三竦みの図。




ダンゴ    →  ずんだもち  →  くずもち  ↓


 ← ← ← ← ← ← ← ← ← ← ← ← ←


だんごはずんだもちにはやや上位、ずんだもちはくずもちに結構強気、くずもちはダンゴを割とけちらかす、でぐるぐる回っているよーな気がする…。





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-07-28 21:26 | ボタンインコ

写真集

締め切りました。お問い合わせありがとうございました。



いいかげん期限切れが近づいて来たので製本しまふ。
もし欲しいとおっしゃる奇特な方がいらしたらご一報を。
サンプルは↑のインコ三昧。
CD大のちっさな本です。あんまりたくさんはお財布がピンチなので(をいをいをい)先着1名様までプレゼント。
締め切りは今日いっぱい。日付かわって29日に注文します。


代金支払っても、という神様みたいな方が万が一にもいらっしゃいましたらご相談くださいまし。
いや、たいしたもんじゃないからサンプル見るだけでいいと思う…。



なお、上記サンプルは今月いっぱいで期限切れで消去されまふ。
なかなか楽しかったぜ。

次はまた暇見つけてvol.2編集予定。






これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-07-28 01:06 | ボタンインコ

雨のあと

高速九州道で大規模の土砂崩れが起きて、太宰府I.C.と福岡I.C.が寸断。↓
西日本新聞関連記事
北九州発以外の南側から福岡に行く場合はほぼ太宰府I.C.下車→都市高速というパターンなので、これが数日続くのかと思うとアタマがイタイ。結構、福岡行くのよね…。更に今年の北部九州、いったいいつ梅雨明けにしていいのかわからないらしい。なんか前線の移動が不明瞭で梅雨明け宣言できないっぽい。むーん。



3色ボタンのアソート。↓
e0147757_20205286.jpg


ダンゴ、くずもち、両者にらみ合い? をよそにゆうゆうと水浴びなさるずんだ姫。
この厚かましさというか回りを気にしないっぷりが、いかにダンゴくずもちに対してずんだが甘えているかと言う証拠のよーなもんで。

ダンゴとくずもち、にらみあっているわけじゃなくって、『え? ボク 水浴びしていい?』ってな具合で牽制しあっているというか遠慮しているというか。でも、結局くずもちがめんどくさがって水浴び権利主張を放棄しちゃってダンゴが水浴びするというオチ。


e0147757_20241618.jpg


そして水浴びの後は世にもシアワセなカップルのお昼寝時間。
ダンゴはもちろん枕役。ずんだが起きるまで動いてはいけない約束らしい。






これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-07-27 20:25 | ボタンインコ

今日も昨日の調子で雨に降られるとちょっとたいへんかも〜〜〜と思っていたが、寸前で雨が小降りに。やれやれ。うちの近所の白川はめーいっぱい、自分ちは高台だけどほっとした。実家の福岡の方は、海沿い川沿いの低地の住吉やら川端やらが水没寸前で、そこらへんに住む友人知人も多かっただけにひと安心なのであった。
梅雨明け前は豪雨というのが毎年のパターンではあるが、やっぱりあんまり雨が多いとドキドキしますです。


題名のない音楽会にグラーフ(フルート吹きの大御所)が出ていて,このじいさん、まだ吹けるかいな(御年80歳)とハラハラして見ていたら、私の大好きなモーツァルトまでさすがの年季で吹きこなしてくれました。御大健在。笛は息をはき出さないと鳴らないので、年寄りになって腹筋やら肺やら弱くなると吹けなくなるのだ。背筋もぴんしゃんしていて言葉も明瞭、表情もにこやかで余裕綽々。80歳で、これだけ吹けるなんて私としてはすごく羨ましい。健康第一だなあ。そしてフルートと能管とのコラボもいいなあ、とか篠笛(ホントは竜笛もやりたい)も吹いてみたいなあとか、つらつら思ったのであった。



豪雨の連絡取りや見回りや、アレコレで放鳥も少なめ。ごめんよ〜〜と鳥たちに平謝り。みんな豪雨なんか全然関係ないってツラで(そりゃそうだけど)ご機嫌でお過ごしになられておりました。
e0147757_1836367.jpg


〆はくずもちのにこにこ笑顔で。








これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-07-26 18:37 | ボタンインコ

同じ釜のメシ食った仲

あれ〜?
ダンゴとくずもちが2羽並んでる〜?



e0147757_20917.jpg



と、思ったら、くずもちの影にずんだもちがいるのでした。




ダンゴとくずもち、特別仲が悪いわけでもないし、特別仲がいいわけでもない。
つかず離れず、寄宿舎で同室になった寮トモダチみたいなもの?






これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-07-24 20:11 | ボタンインコ

photoshop

デジブックで写真集を作ろうと思い立ってはや3週間。
ウェブではなんとか見れても、印刷となると泣きたくなるようなおそまつな写真で、どーにかこーにかならんもんかいなとフリーのsea shoreで格闘するも挫折。範囲のパワーツールとカラーチャンネルが使えないのがイタイ。

で。

えーいっ と無料お試しのフォトショップ エレメンツをば…。


タイガー用は持ってたんですがね、レオパードに変えてから入れてなかったんですよ。アレ、いい値段するし。自分的にはどーせ使いこなせないからエレメンツで充分だと思うんです。





で、充分でした。
すごいわあ、エレメンツ。
若干、用語とか変更されていて、あれあれ? と思う事もあったけれど、わかってしまえば納得、マスクの概念はちゃんと生きていたし、やっぱり使い勝手がヨイ。悩むなあ、期限、1ヶ月。稼ぐか、エレメンツ代。


で、デジブック作ってます。まだカラーエリアとか若干修正しないといけないけど。
やりだしたら止まりません。まだまだ内容が変化しそうです。


高いテーブルの上だと遠慮がちな感じでも、床に下ろせば自分より格下? と思うのかどうなのか。ゴーペンさん、床の上だとボタンどもにどつき倒されております。でも、くじけないゴーペンさん。

e0147757_2372140.jpg


パーチのチキラーぴよちゃんも、わざわざ上から頭を下にしての猛攻を受けとります。目を狙うのね。やっぱり。

e0147757_2383986.jpg


真っ先に攻撃するのは、意外かもしれないがダンゴ。一番年長の義務であるかのように、初物は彼が最初に吟味する。でも、1、2回どついて、相手に害がないとわかるとケージの中に侵入してこない限り無視なのである。

逆に害がないとわかると、がぜんはりきるのがずんだもち。
これでもかっ これでもかあああっ とつつき、どつき、踏み倒す。気が強いようで実は弱虫という実に彼女らしい。






くずもち?
あいつは気分がのったら遊びます。そういうやつです。








これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-07-23 23:11 | ボタンインコ

ミクロラプトル 小さな空飛ぶ羽毛恐竜
↑ディスカバリーチャンネルの番組。再放送あるみたいですよ。



鳥の祖先は恐竜か、否か、という未だ解明されていない最大の謎。
どうして鳥は飛ぶようになったのか、未だに繋がらない系統図のミッシングリンクの謎。

鳥類のDNAはハ虫類よりはずーーっと恐竜の方が近い構造らしいので、やっぱ恐竜が縁戚らしいです。
で、その直接の祖先となる恐竜はどいつなんだろ? ってわけで。
学者さんたちの熱いバトルもおもしろく、鳥好きには蘊蓄を増やす絶好の機会、というわけでおすすめ。

化石が出るのが中国で、言っちゃなんだが、かのお国はヘーキで偽物(合成化石)が出回る神秘の国なので(過去に合成化石だったマイクロラプトルの1種もあったわけで、偽物とわかって系統図から消去されました)発掘ひとつにしてもたいへんそうだと勝手に予想。


それよりも!



最大の売りはですね、このミクロラプトルちゃんが羽毛でもふもふだったって事ですよ。
あの、古典的な恐竜図鑑に載っているよーな、トカゲのお化けみたいな恐竜じゃなくって、恒温でぬくぬくもふもふだったって事なんですよ〜〜〜??  ほわあっとあったかいのよ?
もふもふの恐竜、実はとっても愛くるしい恐竜だったかもしれないじゃないですか。
大きさは40〜60cmでも半分はシッポですから、シッポの長いカラスみたいなもんで、ああああ、ぎゅーっしたくてたまらくなるんですよ。
そう、シッポが長いんです。長いシッポに短い羽毛ってそんなのありそうにないから、きっとそこそこ長い羽毛が生えていたのよ。もう、私の妄想的にはミクロラプトルはオカメインコさんとそっくりさん。


かわいいミクロラプトルちゃん

それっぽいイラストを探してみました。
もふもふしたい、もふもふしたい、もふもふしたい、もふもふしたい、もふもふしたい、もふもふしたい…






e0147757_225955.jpg

もふもふでふくふくなずんだもちちゃん。
あ、ミクロラプトルはもっとスレンダーですから。











これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-07-23 01:42 | ふつーの生活のこと

のんびりボタンインコとの暮らし