2011年 04月 12日 ( 1 )

余震

東日本ででっかい余震が暴れました。余震って震度6とか5なんですからね。フツーならそれだけでも大ニュースなんですよね。なんだか震度の数字にマヒしてしまったみたい。

わたしんちは某世界一と言われている(地理上の大きさでは2位らしいんですが、人までもが住んでいるのはさすがにココだけらしいです)のカルデラ火山の国なんですが、火山は毎度、そして小さな断層が私の街にはありまして、小規模な地震、震度3とかね、割合あるんです。断層とか火山は小出しにエネルギーを出してくれているほうが安心です。黙ってこもられるとある日どかんと爆発しますからね。火山は常時観測されていて、地震や火口からの噴出物の種類、量、火口付近の水たまり(火口にお湯がたまっています)の水の量など細かに観測しております。特に水たまりの水の色や量で火山のご機嫌がわかるそう。

この火山が本気噴火したのが過去4回。最後の本気噴火で9万年前、その火山灰は北海道や朝鮮半島にまで飛んだと言う事ですから地震のみならず遮光効果による寒冷化、気候変動も激しかったことでしょう。9万年ぶりの大噴火とかこないことを祈るばかりです。そんな噴火きた日にゃ、間違いなく日本半壊です。そういうパワーがある火山なんですよ。コワいコワい。

東日本の地震はプレート起因の地震ですから、地震が起これば地殻変動が起こります。それだけに地震がでっかい。プレートの境目が海底にあるから津波をも引き起こす。どっかーんとプレートが盛大にずれたわけで、今はそのずれ具合をきちんと擦り合わせの調整の時期で、その擦り合わせのために起こる本震より小さい地震を余震と称しているわけです。その本震がM9.0ですから震度6の余震がありうるわけで。地球のダイナミクスに恐怖です。

地球はもちろん生き物じゃありませんが、物理の法則に則って変化します。その際に出る揺るぎ(変化の振り幅)がまるで地球が生きているかのような錯覚を覚えます。学生時代、新しい統計の分野(数学が大好きでした)でフラクタルや1/fや乱数に夢中で、私は特にマンデルブローを描くプログラムを作るのに没頭しました。ついでにジュリア集合やエノンにはまり、そいつらをいかにアートに見せるかぐちゃぐちゃと数字をいじくっておりました。本当の専攻は生物化学だったので全くの趣味です。

ぼわっと突起がでてそのまわりにだんだん大きさがちいさくなるようなぼわわが取り巻いて、そのぼわわの集合がさらに大きなぼわわになって(おいおい)。それがまさに余震なのですよね。入れ子というかマトリョーシカというか、それを更に次元増やして多次元にしていって、まさにパソコンならではの遊び。それを視覚化していく過程。

やがて京大のとあるチームがすばらしいプログラムを発表しまして、己の才能のなさにがっくり(わかってましたが)。

e0147757_22563716.jpg


ちっちゃな村雨の羽毛の構造もざっぱに言えばフラクタル。こんな小さな生き物の中にも数学の真理がありまする。数学は科学の大前提です。どんな物の中にも見いだせます。村雨の生命活動はもちろん物理の、熱力学の法則に則ります。物理は科学の基礎です。熱いものは冷める、無から有は生じないとかね、シンプルだけど絶対の真理。

e0147757_2313360.jpg


顔だけ水につけて風呂に入った気分のくずもち。
気分の変化は頭の中で起こる化学変化。もうちょっとつっこむと電気化学的な変化です。化学変化は物理の法則の上になりたちますから、さしずめ実践編とでもいうべきか。小さな小さな電子のやりとりで成立する電気化学は化学の基本。呼吸(活動エネルギー)も同化(成長)も異化(老化)もつきつめれば酸化還元反応にいきつきます。


なんで勉強が必要なの?
という、もっともな質問をコドモから受けた時、もっと噛み砕いて上記のような事を私は言います。数学は自然の真理を知るため、物理は自然の真理を理解するため、国語はそれらを文章にして伝え知るため。化学は実践するため、社会はそれを他の人と共有して発展させて行くため。それらを理解できなければ共同体の一員として満足な活動ができません。単純な棚を作る木工ですら、算数なくしてできませんし。ただ適正というのがありますから、得意な分野をめいいっぱい伸ばして、不得意な分野は得意な人にカバーしてもらって、それが共同体のいい所ですから、せめて好きな教科だけでもたくさん勉強しましょうねって。


今だって失われた機能を補完しそれ以上に発展させようとたくさんの人々が働いています。生きている以上、立ち止まることはできませんから、それに続く次世代の育成は重要な課題だと思えます。ということで今日も2号のケツを叩いて宿題をさせるわけですがー、なかなかどうしてどうして。

e0147757_23173941.jpg


村雨もそうですが、コドモの邪気のない顔はココロがなごみます。2号も、私の血をひいているわけですから、能力の凸凹は遺伝だと思うしかないしで。私自身もずいぶん能力に凸凹ありますし。それでも世話好きの気のいい子なので、そこだけでもイイんじゃないかと。はい、ただの親バカです。



これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2011-04-12 23:20 | ボタンインコ

のんびりボタンインコとの暮らし