お鳥様のお泊まり

私も相方も郷里に年老いた(^-^;)親がいるので、年末年始は帰ることにしている。
双方帰るとなると、それが車で高速とばして2時間などとなる上、イナカに帰ったら帰ったで親戚周りがものすごく、宿泊先が2日おきに変わるという、『年寄りがいっしょとは思えない』超ハードスケジュールを親が送ってよこしたので、果てさてお鳥様はどうしようかと思い悩んだ。

なにせ初めて冬を迎えているヒヨッ子たちだ。
神経太いとはいえ、連日変わる環境によるストレスが怖い。
そしてなによりヽ( ´ー`)ノなのは、私の母が動物嫌い。あうーーー。
父親はコドモの頃は動物や和鳥を飼育していた動物大好き人間。
だもんで敵は母親だけなんだけど、年寄りを説得する困難はだいたいが実の親だけに懲りているので、あきらめた。

ので、お鳥様のお泊まり先を探すことにしたのだ。

条件は
 1.わんちゃんにゃんこちゃんと別室であること←これだけは譲れない
 2.万が一の時には獣医師に見て貰えること
期間は4泊6日。

ネット検索してばばーっとリスト作って、かたっぱしから電話。
ようやく見つけた希望の光は、いつものかかりつけの病院ではなく別の動物病院の併設のペットホテル。
小動物用の部屋が別にあって、わんちゃんねこちゃんとは全く会うことはないし、
なんせ動物病院の中にあって獣医師さんは常駐、なにより年末年始無休で営業している。動物病院としてはここいら一帯ではたぶん最大手。

ただし私がここをかかりつけにしてないのは、大手だけにわんちゃんねこちゃんが待合い室にも診察室にもいつもいっぱいで、鳥を連れていくのは少々鳥に気の毒なことと駐車場が狭いこと(←地方では切実な問題)が原因。

でもとにかくお泊まり先を早めに確保しておかないと、ますますどん底行きそうだったので、一応念のためホテルを見学し、その足で即予約を入れてきた。受付のお姉さんの対応も親切だったし、印象は良好である。
これで最低限は保証される。はあ、やれやれ。

夏場なら2日置きくらいに家に帰って・・・も可能な気がするが、冬は暖房しなくちゃいけないからよけいに心配になる。
実質お泊まりは4泊になるかと思うが(夜10時まで開いているそうなので、最終日はお迎えに行けそうということで)辛抱してくださいと願う飼い主。


e0147757_1744212.jpg


今日も甘えっ子、くずもち。





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2008-12-12 17:47 | ボタンインコ

のんびりボタンインコとの暮らし
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30