祈り

10月なのにこの暑さ、なんてこったいー!
なので、汗をかきかき笛屋してます。冷房いれないと軽く熱射病になりそうです。

今年の秋はバッハづいていて、フーガの技法とかブランデンブルク協奏曲とか羊は安らかに草を食み、などとなんだかご利益がありそうなありがたい曲がいっぱいです。それから、ついにというか、とうとうというかサンサーンスのアダージオ(交響曲3番1楽章ポコアダージオ)のアルトソロが当たりました。くじ引きならぬ、ひょんな所からお鉢がまわってきたんです。これがまたお祈りっぽいというか、難曲というか、冒頭のあのメインテーマをアルトフルートで深淵にかつ慎み深く、しかも甘やかに演奏してね、というとてつもない課題をいただいたのでした。

アルトフルートというのは全身コレ倍音のための楽器みたいな楽器でして,出す音、出す音、まさしく倍音の美学というシロモノです。どういう感じかと申しますと、普通の軽やかで華やかなフルートの音じゃなくって、もっともやもやとまろやかで丸くてふわふわしていて、淡い光をまとったような、ベールをかぶったような、とろりとしたハチミツのような甘い音です。教会のあの大きなパイプオルガンにある種似た音です。なのでその音色のためには絶妙な唇と息のコンビネーションが必要なのです。ヘタうつと音が出ないというより雑音が出ます。難しいです。とういことでただいま絶賛倍音の研究中です。楽器はH管で総銀ですんごく重いです。そして指使いからしてオリジナルかも…。

e0147757_0363417.jpg


ダンゴ隊長です。
ダンゴとはお話する時間が増えたような気がします。
ダンゴがちょっぴり甘えっ子になったからです。
普段はしれっとしているんですが、放鳥すると一番に肩に乗ってきます。
ダンゴもまだちょっと寂しいのかな?って思いました。

e0147757_038337.jpg


べたべたなカップルではありませんが、並んで紙をかじるくらいの仲の良さはあるようなダンゴと村雨です。むっちゃん、そろそろ恋の季節らしくって、せっせと秘密基地の建設に励んでいます。
卵さんは春、秋1回づつと決めているので、秋の抱卵シーズンってわけです。そしてまた怪獣村雨が誕生するわけですね。ああ、コワい。


インコモチーフで雑貨作ってます




これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2013-10-10 00:40 | ボタンインコ

のんびりボタンインコとの暮らし
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31