復興

やっぱり、なんですが、あの川の氾濫後、地区の被害が大きくて町内の夏祭りが中止になりました。
子ども会や老人会と有志で、アレコレ計画たてていたので残念ですが仕方ありません。
特にこどもたちには、すでにいくばくか準備にはいっていただけに(祭りまであと2週間だったんです)可哀想な事になってしまいました。

なに、お祭りはまた来年もあるし、クマモトの大きな夏祭りはあるし。
それよりも地区の復興が最優先です。

雨があがると、市の公用車が行ったり来たり、重機も入って本格的に整備、復興に入りました。
真っ先に道路の泥が除去され、排水路の泥もポンプで吸い出されました。
路地や民家の敷地の泥も人海戦術で袋に詰められ、処理場へ。残りは夕立が流してくれました。

特に幹線道路の整備は早かったんです。
10cmほど?は積もっていた泥が1日でなくなりました。あまりの早さにびっくりです。
日本人ってスゴい。
そりゃいつまでも幹線道路が通行止めじゃ困るのは明白ですが、それにしても昨日の今日でもう復活。
山越えなくちゃいけなかったのが1日で済んだのはありがたいです。

電気に水道、ガスの車に腕章をした職員たち。
あちこちで調査しています。ライフラインも思ったより頑丈です。
昔は停電ってあったんですが、最近は滅多にありません。

e0147757_23564590.jpg

うちのお昼寝インコ。幸せダンゴ隊長です。手前には不審な影が!!


川縁の木の、根っこは幹線道路よりずっと下の河川敷ですが、道路と同じ高さの梢の枝が折れています。
あの時は普段より倍以上の水面の高さだったんだなーって思いました。
川幅は河川敷が公園になっているので、川底が2段構えのv字型、水の量は単純に4倍どころじゃなかったはず。

決壊した所には土嚢が高く積まれています。
すぐに護岸工事がはいるでしょう。
なんたって九州の夏は台風が来ますからね、このまま放置しておくわけにはいきません。
と言ったら、本当に来そうな台風7号。

e0147757_071264.jpg

今日もデートなダンゴ隊長と村雨。仲がいいのか、悪いのか。謎。


被災に合われたかたがたの一日も早い復興を、心よりお祈りいたします。




インコモチーフで雑貨作ってます




これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2012-07-18 23:57 | ボタンインコ

のんびりボタンインコとの暮らし
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31