氾濫

昨日、というかおとついですが、記録的な豪雨でついに氾濫しちゃった白川。
ええ、あのニュースになった地区はご近所さんです。

幸い、私んちは山の麓の高台なので直接被害はなかったんですが、私んちから川の方へ下るとバスが通る幹線道路がありましてね、その道が川になっちゃったわけですよ…。
もちろん全面通行止め。
いつもその道を使って買い物なんか行ってましたからね、全面通行止めにそりゃもう愕然。
そして轟々と川のごとく道を流れゆく濁流に恐怖。
コワかったですよ。

白川は1級河川で、昔から大きな水害を起こしてましたから、そりゃもう護岸工事には力いれていたわけですよ。延々、加藤清正の時代からがんばってきたわけですね。ところがですよ、時間当たり100mmなんて雨が4時間も、水源で降れば溢れますって。雨量が記録的でしたからね。なんてか、想定外って事なんですね。

一部被害でましたが、それにしてもなんとか城下では氾濫しなかったのが偉いというか、なんとかやれたっていうか。でも、ものすごく負けた感がありです。


e0147757_053825.jpg

本日の井戸端会議。私も仲間に入れて欲しいわあ。


で、いつもの道が全く使えないので、買い出しだのなんだのとの用向きは裏の立田山を越えて行くわけです。こう、いつもの逆方向に山のぼって降りてぐるーっとまわって市街へ、てな具合です。10分もあれば行けるところをワインディングな道をどしゃ降りの中、40分かけていく。なかなかスリリングです。
街灯もなく、細い山道、案内板も何もなく、夜になったら土地勘のない人は絶対迷うと思う所。
しかも細川家を筆頭に墓場だらけ…。

なかなかない経験をいたしました。あーうー。

e0147757_095873.jpg

くずもちくんのキュートなおしり。見るな!とくずもちの視線が語っております。

水は昨日の夕方にはひいて、道路も今朝再び通れるようになりました。
なんとかいつもの生活ができるようになったわけですが、道路わきに山となっている泥まだあります。
また護岸工事が始まるだろうな、って思いました。

伊藤比呂美だったっけ? 白川の、たぶん私んちのすぐ近くの、河川敷の葦の原が、護岸工事でなくなってしまうのが寂しいようななんというかそういう事をどこかで読んだ記憶があるのですが、なんてか、そういうのをちょこっと思い出したりしたんです。だからどうって事言えないんですけど、そういうのが歴史って言うのかな、とふと思いました。

e0147757_0171761.jpg

村雨は今日も元気です。



インコモチーフで雑貨作ってます




これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2012-07-14 00:17 | ボタンインコ

のんびりボタンインコとの暮らし
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30