お手玉

私の母の実家の近くには大きな川がありまして、大きさはたとえて言うなら河川敷で野球ができる広さです。ほんとにでかい。だもんでそこに菜の花とか植えてあると、辺り一面というかずーっと地平の彼方まで菜の花で埋まっているような気分になる、そんな広さなわけです。

川があってその両側は九州一の穀倉地帯、たくさんのクリークが縦横無尽にありまして、そこにはしゅす玉がこれまたたくさん生えていた訳です。小さかった私は母方のいとこやおばといっしょにこのしゅす玉の実をたくさんとって、首飾りや腕輪なんかせっせとこしらえていました。それでもまだまだ余るというので、おばがお手玉をこしらえてくれたのです。あまり布の綿でちくちくちく。おばの手つきは鮮やかであっという間に(コドモだった私にはそう思えました)4個のお手玉ができあがり。

そしてお手玉をひょいとつかんで1個2個3個と数を増やしながら、くるくると投げて受け取るおばの技にもうっとりで、たぶん数え歌なんかあったみたいですが、残念ながら私は歌はすっかり忘れてしまいました。ぱしぱしと小気味いい音をたてて落ちるお手玉は、手のひらに受け取るとたいそう手触りもよくて、しばらくお手玉で遊んでいた記憶があります。

e0147757_23141992.jpg


ボタンインコが樽型体型でまさしくお手玉体型そのまんまなので、そのまんまでお手玉にしてみました。お手玉の中身は小豆が正当派らしいんですが、虫がわいてもやっかいなのでプラスティックのチップです。クッションや枕に入っているやつです。一応それでもぱすぱすと音がします。投げたらちょっと可哀想な気もするけど。

e0147757_23162035.jpg


モデルになったくずもちくんです。ころころしてます。

e0147757_23172689.jpg


お皿に盛ったら、大福にも見えてきました。





インコお手玉あります





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2011-08-06 23:19 | ボタンインコ

のんびりボタンインコとの暮らし
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31