秋台風

ぼちぼちと雨が降っております。時折、ざざーっと降るのがいかにも台風。秋台風は派手でございます。

e0147757_22551537.jpg


よっこらしょ!

とでも言うような。くずもちはユニークなやつなんです。ちょっとした仕草がいちいちユニーク。




秋台風とのキーワードで思い出すのは1991年でして、この年は確か台風の当たり年だった記憶があります。9月だったかなー、どでかいのが2つやってきて、丁度その頃実家(フクオカ)でだらけきっていた私はテレビでのその台風の被害にびっくりいたしまして、当時はナガサキに住んでいたんですが、そのナガサキがまさに直撃だったわけです。

びっくらして台風後、慌てて自分ちに帰りましたらば(科学技術部長も出張だかなんだかで長期留守していました)、住んでいた5階建てのアパートの、それよりでかい門前に生えていた杉の木2本が倒れてまして、更にアパートをぐるりと囲んでいたブロック塀が木っ端みじん。アパートに杉の木が直撃しなかったのが不幸中の幸い、ケガ人もいなくて、いろんな意味で仰天しました。

その後、アパートの周りに生えていた倒れていない杉の木が全部、途中からぼすっとてっぺんが切られてしまったと思います。

瞬間最大風速が50m/sくらいで、しかもナガサキは山がちで、その谷間に住宅が密集していますから、谷間を吹き抜ける風はオソロシイ破壊力があったはず。で、もれなくどの家も屋根が吹っ飛ばされてビニールシートで一面青くなったのでした。瓦屋はあっというまに品不足労働力不足でパンクし、復興がものすごく時間がかたった(という、ご近所の奥様の愚痴)と聞きました。

クマモトだと6年前の2004年だったか。
私はこの時、初めて空飛ぶゴミ箱(プラスティック製、たぶん60L)というのを目撃しました。というより、道路向こうの今はないマンションの屋上の、たぶん床材なのでしょう、ゴム引きの手のひらほどのかけらが大量にびゅんびゅん我が家に飛んで来まして、掃き出し窓には雨戸があるものの、小さい窓には網戸しかなく、いつガラスが破壊されるか、とガクブルしておりました。台風が過ぎ去ってから我が家を改めて点検しましたらば、網戸が破れていたり、窓枠がゆがんでいたり、壁にはゴムがかすれたような跡が多数、自分家の瓦は風対策で止めてあったので瓦は全部ありまして、ともあれ家だけは無事でよかったと思う事にして、うんざりするくらいたくさん我が家の周りに落ちていた落ち葉や枯れ枝やゴミなど片付けました。天災は怖い。


e0147757_23171246.jpg



くずもちと違っていつもカメラ目線なずんだちゃん。さすが女子。



これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2010-09-07 23:17 | ボタンインコ

のんびりボタンインコとの暮らし
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31