フックビル

トシのせいかますますぽやぽやになった私の髪の毛。湿気があるともふもふになる。もふもふ。昼間そのまんま天日干しするとたいていぺたりんと治るのだけど、今日はもふもふのまんまだった。湿気が多いらしい。天気も曇りがち。でも梅雨宣言ないですよね、まだ。もうちょっとまとまった雨が降らないとダメかあ。

e0147757_2255710.jpg


くずもちくんです。

インコは地面以外の場所では、移動するときクチバシで身体を支えながら移動しますよね。鳥飼い始めはフィンチだった私はこれに軽くカルチャーショックでした。のちにインコとフィンチじゃ馬と豚くらい種類が違うのだと知ってなんとなく納得。そしてそのクチバシの器用なこと。足も器用ですが、クチバシの器用さは見ていても謎なくらいです。あんなんであんな小さな粟粒のカラがむけるんですから。上クチバシの微妙なフック具合ととんがった先が非常に重要なのもわかりました。とんがった先は小さなスキマにがっつりクチバシをつっこんでまるで鉤のようです。フックの凹部分でうまいぐあいにクチバシを支点とした可動領域が増えていきます。

特に頑丈なクチバシのラブバですから、クチバシだけで身体を支えるのはもちろんアサメシ前で、それ以上にロッククライミングならぬ壁クライミングやカーテン登りもすいすいでございます。あれで本気噛みされたら、そうとう痛いだろうということは察しますです。幸い、本気のラブバの喧嘩を目撃したことも攻撃されたこともまだありませんで、想像の域ですが。こえーこえー。


e0147757_22152931.jpg


鳥飼いさんならご存知でしょうが、鳥のクチバシはあったかいのです。ちゃんと血管が通ってます。知覚もあるんだろうなあと思います。必死でクチバシについた水を振り払いますから、たぶん触覚とか痛覚(熱い、冷たい)があるんじゃないかと思います。そのクチバシをなでてやるのも好きです。ほわっとあったかい。あっちは私がふざけていると思っていますから、軽くクチバシをあけてチミ噛み返しで遊ぼうとします。それをひょいひょと避けてまたするするとなでる。インコは本気じゃありませんから、避けられる程度のぬるい速度でしか動きません。インコに適当にあしらわれている私。


インコと遊ぶと時間を忘れます。てか、忘れたい…。









これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2010-06-09 22:21 | ボタンインコ

のんびりボタンインコとの暮らし
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31