青い薔薇

うちで唯一の青バラ、ターンブルーが開花。
ぽったりと生クリームのような質感溢れる花弁の多さが特徴。写真だと紫っぽくなっちゃいます。実物はもちょっと青っぽい、青紫。

e0147757_2343790.jpg


コガネムシに食べられちゃって、外側が茶色に変色。むぎうううう。
『不可能な事』を意味するほどのブルーローズ、その中でもこのターンブルーは小林森治さんという栽培家が40年間の執念と努力を傾けて作出した青龍の遺伝子を受け継ぐ、例えて言うならいとこ??みたいな血統を持つ品種です。オールドローズっぽいぽってりした姿とアンティーク系の香りをしていて、現代の薔薇なんだけどレトロ感いっぱい。

小林森治さんが作った青バラの中にはあまりにも脆弱すぎて雨に当たっただけでもダメになってしまう、そんな品種もあったそうで、バラに傘をたてて育てたとか。うちは雨ざらしですけどね、それでも今の所うどんこ病にもなっていません。感覚的には赤バラのクリムゾングローリーのほうが弱いと感じるくらい。

『不可能な事』を意味するはずだったのに『不可能だと思われた事を可能にした』という意味になってしまいそうなそんなものすごさをバラの花に見つけてしまった、そんな気持ちがしますです。


というのも、ここんと生き霊生活してて、そろそろ復活せねばと思い、でもまたふらふらしてたとこで。それでこの青バラが咲き出したもんだから、あーこれもなにかの縁かしらと思ったわけで。一歩前へ、でございます。

e0147757_2359919.jpg


おいしいものが欲しいと、おねだりさんなダンゴ。ダンゴが甘えてくれると無性に嬉しい。よしよしってこっそりソバの実あげたり、ちょびっとえこ贔屓。


e0147757_002723.jpg



インコ会議は健在。
さっきまで甘えていたくせに、あっという間にエラそうにしているダンゴ。思わず笑ってしまいます。






これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2010-05-16 23:56 | ボタンインコ

のんびりボタンインコとの暮らし
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31