ひそやかな童話

じわじわと雲がはれて、本当にゆっくりと待望のお空が戻ってきました。午後からはいい塩梅にお日様が出てきましたよ。嬉しいなあ。


散りかけの桜草に、アオスジアゲハがやってきました。
この蝶の、宝石のような羽の青が大好きです。暑い日にはよく水たまりに水を飲みにやってきます。めきめきと夏が近づいているって感じです。

e0147757_23513126.jpg


雨も降って、ますます雑草が勢いづいて、またたくまに家の回りを覆い尽くすかのように増殖繁茂し出したので、いいかげん草むしりというか、草刈りをじみーーーに始めました。また草との戦いの日々が始まります。

e0147757_23533010.jpg


草に埋もれたラズベリーの真っ白な花。あまりにも鮮烈。
草を刈り、引っこ抜くたびにあっちこっちからぴょこたんぴょこたんと何かが飛び出します。テントウムシだったりバッタだったり、ねぼけたトカゲだったり。ミミズも慌ててますね。しゅるるるっと地面に潜り込みます。40lゴミ袋2つにぎゅーぎゅー草を詰めてみたところで、あまり変わりばえしないほど、まだまだまだ草だらけ。垣根も、軽く選定したほうが良さげな程、自由奔放に枝を延ばしてます。あああああ、こんなに狭い庭なのに、ナニこの密度の濃さは!!



e0147757_23582631.jpg


ずんだちゃんに笑われそうだけど、腕がいたーーーい。べそべそべそ。でもでもでも、梅雨前にはさっぱりさせないとですね、木なんかは下の方が枯れてくるんです。日当りと風通しが悪くなるから。ものすごくひょろろな形になっちゃうので、目指せ5月中にさっぱりな庭! です。



タイトルの『ひそやかな童話』は、山田ミネコさんって作家の詩画集のタイトルです。ちょっぴりコワくて寂しくて愛おしい黄昏時の住人さんがたの、昼間のみなさんは気がつかない世界の、そんな詩ばっかりです。この本でヤマブキの黄色い花が、あちらの世界の案内役だと初めて知りました。万葉集にも出ているみたいですね。とても好きな本です。





これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2010-04-23 23:57 | ボタンインコ

のんびりボタンインコとの暮らし
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31