モーツァルト バイオリン協奏曲1番

機会があって、N響コンマスのマロさんこと篠崎史紀さんのモーツァルトコンツェルト1番を聞きました。生マロさんはこれで3回目、カデンツァはオリジナルと聞いてもうわくわく。正当派ウィーンの香りのマロさんです。

というか、モーツァルト1番自体が初めて聞くってくらい珍しい選曲ですよ。ふつーは3番とか?? 確かモーツァルトがなんと19才の頃にががーーっと作曲したバイオリンコンツェルトの最初の曲で、この曲が一番オーストリアっぽいとのうんちくを、…はい、知人のバイオリン弾きに教わりました。ウィーン好きらしく1番なんだーと思った次第。

演奏は、ええ、バックがアマオケだったってことさっ引いてもよかったです。甘い音も正確なトリルも夢見るようなヴィブラートも。1楽章のカデンツァはマロさんらしく折り重なるような重奏音で。かなり早いパッセージでも音が明確なのはさすがです。ちょっとさっぱりめな感じで今夜は弾いたのかな? それが上品でいいですね。

昔、マロさんが『ゆっくり弾いて弾けるのであれば、それを早く弾くことは不可能じゃない』てなことをおっしゃってまして、いや、理屈じゃそうなんですけどね。ゆっくりのテンポで弾けるということは人間の身体と楽器の機能的な部分に全く問題はないってことですからね。後は早くからだを動かすことだけです。しかーし、それには気の遠くなるよーな訓練が必要なのだあああ、とダブルタンキングの限界に挑戦しているわたくしは思ったのでございます。そうフォーレのファンタジー、タンキングのキレが悪くってね…。ずばりソレをディレクターにつかれまして、痛いとこつくなあと。毎日、つくつくつくと、ヒグラシのよーに。つくつくつく…


1番は他のバイオリンコンツェルトのおフランス風のキラキラというか、いかにも! モーツァルトみたいな装飾音が少なめなんですが、上質のザッハトルテはコーヒーで、みたいな感じ。同じモーツァルトでもフルートコンツェルトは更にきんきらきんのべかべかなので、余計にそう思います。てか、フルートコンツェルトは依頼品なので、たぶんに依頼主であるお金持ちさんの、お貴族趣味が爆発したって感じなので(モーツァルトはそうフルートが好きってわけじゃない)そんな印象を持ったのかもしれませぬ。しかも他の1曲はオーボエ版の焼き直しだったり。なんにしろ、モーツァルトに愛されたバイオリンが羨ましい。



ザ・シンフォニエッタ第23回定期演奏会
モーツァルト 交響曲第25番ト短調K.183
モーツァルト バイオリン協奏曲第1番変ロ長調K.207
ベートーヴェン 交響曲第8番ヘ長調Op.93




これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへblogram投票ボタン
[PR]
by dangobird | 2010-02-20 23:59 | ふつーの生活のこと

のんびりボタンインコとの暮らし
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30