止まり木の活用法

うちのケージには止まり木が3本ある。うち2本が低い位置にあって、主に餌入れに行ったり、底に降りたりしたときに使われている。ダンゴやずんだもちはこの低い止まり木から、頭を下に向けて、人間がプールの飛び込み台から飛び込むように頭を下に向けてびょんっと飛んで(ずんだだとどさっと音が重いんだが)底に降りる。

ボタンインコは地べたが好きなので、よくケージ底に降りるのだ。

で、くずもちなんだけど、こいつはフツーじゃないので降り方もフツーとは言いがたい。なんていうか、とても斬新な方法を使う。

つまり、うちの下の止まり木の1本には小枝がついていて、その小枝をくわえて、ぶらさがって足から下に降りるのだ。だいたい数回に1回ほどしかしないが、それでも一日3回は目撃する。


e0147757_23152310.jpg


フリーハンドは描きにくい〜〜(汗)。ヘタな絵ですみません。くずもち、ケージ底に降りるの図。

こんなカンジで足からとさっと降りる、というか落ちる。頭を下に向けて降りるのがいやなのか、足に負担がかかるのが嫌いなのか。やっぱり一番ユニークな性格してます。


e0147757_23174153.jpg

 くずもちでーす。てへ。


雌雄判別も一番謎だしなあ。こいつだけはDNA判定してみようか、とかちょと思う。










これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-09-26 23:19 | ボタンインコ

のんびりボタンインコとの暮らし
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31