ダンゴの誕生日

ダンゴがうちに来たのが去年の今頃で、正確な誕生日は知らなくて、しょうがないからコドモの日を誕生日にしちゃった次第。その頃うちには『モモ』というヤマブキがいて、こいつは実に気のいい親分肌のメスで、本当によくダンゴの面倒を見てくれたのだ。ダンゴが無駄噛みしないおりこうさんに育ってくれたのはモモの功績だ。

e0147757_183201.jpg



ぽわぽわでケセランパサランみたいに真っ白で、ちんまり丸まっている様子が白玉ダンゴで、そのまんま『ダンゴ』が名前になった。
e0147757_1845791.jpg


ダンゴは雛ぴの頃から小柄で鳴き声がデカクて、へっぴり腰で、ヘタレでおとなしかった(笑)。いつもいつもモモ姉さんの後をついて回って、まるで自分はモモのコドモであるかのように勘違いしてて、まあ、モモもいつでもくっついてきてウザかっただろうに、追い払いもせずにダンゴの世話をしていたものだ。







夏にモモがなくなって、ダンゴが1羽になっちゃって、ダンゴの意気消沈ぶりは見てもあきらかで、ラブバードは1羽にしちゃいけない、とつくづく思った。んで、秋にずんだもちとくずもちがやってきたのだ。2羽のチビを見て、はりきって隊長をするのはこのブログで綴って来た通り、3羽にして本当によかったと思う。





今でもダンゴは白くて、つるつるでぴかぴかでふわふわ。腰のラベンダーが美しいシロボタンだ。
e0147757_186975.jpg



うん、お誕生日おめでとう、ダンゴ。








これからもどうぞよろしく
にほんブログ村 鳥ブログへ
[PR]
by dangobird | 2009-05-06 18:11 | ボタンインコ

のんびりボタンインコとの暮らし
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30